FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

世界ベンゾ注意喚起の日・7月11日

ブログにアップする記事が沢山あるのですが、離脱症状の影響で
日常生活にも困難があり、長文だったり、難しい内容が中々まとめられず、
先送りになってしまっています。。この記事についても、前から載せたいと
思っていたのですが遅くなってしまいました。他の情報も遅ればせながら、
時間はかかりますが、アップしていこうと思っています。



7月11日は、病院でも処方されている、抗不安薬、睡眠導入剤などの
ベンゾジアゼピン系の薬について、世界注意喚起の日です。

発信元はこちらです →ベンゾケースジャパンHP

世界ベンゾ注意喚起の日 のページより一部抜粋

・ 辛く、長く続く試練の中で、被害者たちに目的意識や希望を与え、
孤立しないように、集い会う機会がもてるように
・ 「2-4週間の処方に限る」というCSM(英国医薬品安全委員会)のガイドラインに
沿って処方期間を最長でも2-4週間程度にする「義務化」を促進するために
・ 離脱に苦しむ人に専門施設を提供するように政府に働きかけるために
生き抜かれなかった人を忘れないように、また見捨てられている人が不当に
評価されないように。苦しみのうちに放置されている人に声をかけるために。


精神医療の真実  フリーライターかこさんのブログ
以下関連記事
世界ベンゾ注意喚起の日 7月11日 (拡散希望)
7.11 ベンゾ注意喚起の日のビデオ完成(第一弾) 第二弾募集
より、以下一部抜粋※させて頂きました

※ - 「 世界ベンゾ注意喚起の日 」 
ニュージーランドから日本にやってきたウェイン・ダグラスさんは、アシュトンマニュアル
(ベンゾジアゼピン系の薬の作用、離脱症状、減薬方法などの医療研究情報)
の日本語翻訳者でもあります。
今から十数年前、日本とニュージーランドの橋渡しを夢に来日しましたが
来日して間もない2000年、めまいの症状で耳鼻科系の日本の診療科を受診
医師による安易なベンゾジアゼピン処方を受け薬物依存に陥りました。

ダグラスさんはその後、この医原病による薬物依存を訴えるため
裁判を起こしましたが、最高裁まで持ち込んだものの、結果は残念なものでした。
日本における精神医療のずさんさだけでなく、ダグラスさんは、司法による
医療裁判の難しさをも異国の地で、たった1人で体験したことになります。
さらに、裁判中に東日本大震災を経験、福島で原発事故にも遭遇しました。
住む場所も仕事も失い避難所を転々としながら、その地獄のような裁判を
支援者もないままたった独りで闘い続けました。

そんなダグラスさんが、ベンゾジアゼピン系薬物の危険性を世界に向け
発信しようと考えたのが、この「世界ベンゾ注意喚起の日」です。
もともとは、2015年、 Oldham TRANX (向精神薬の離脱サポートグループ)の
前会長 Barry Haslam 氏の発案によるもので、ダグラスさんはそれを引き継ぐ

かたちで今回の企画となりました。
その記念すべき7月11日は、あのアシュトンマニュアル
(ベンゾジアゼピン系の薬の作用、離脱症状、減薬法などの医療研究情報)を作った
ヘザー・アシュトン教授(英国、ニューカッスル・アポン・タイン大学名誉教授、
臨床精神薬理学)の誕生日

今年は記念すべきその第一回目です。

先日、電話でダグラスさんと話した際、
ベンゾについてはやはり英国が一歩先を行っていて、この運動もメインに活動
しているそうですが、規模としては全世界の運動にすること。ベンゾにおける認識は、
今ようやくアメリカが動き出したという感じですが、日本は…残念ながら、
たぶん、最後とのことでした。
日本人の医者信仰には根強いものがあり、また行動力のある人も少ない、
リーダーシップを取りたがらない、誰かがやってくれるのを待っている…。
ダグラスさんが一番訴えたいことをお聞きすると、
まずベンゾという薬の危険性
政府は何もやってくれないのだから、私自身が行動を起こさなければ
解決にはならないこと。
この日を成功させるために、皆さんの力をあわせて行動する必要があります。
チラシを配ったり、マスコミに届けたり、ウェブサイトで広げたりする必要があります。
これまでのような受け身の姿勢では前進はありません。
これは社会を変える絶好のチャンスです。どうぞこの機会を逃さないで、
積極的に取り組んで欲しいと願います。

チラシは、ベンゾケースジャパンのページ下方からコピーできます
ので、ぜひ配っていただければと思います。
(医療施設等への配布も効果的かと思います。拒否されなければですが)。

当日できることをリストアップしておきます。
1、ただ、人に伝えてみるのです。「今日は世界ベンゾ注意喚起の日」だってことを。
2、インターネットのどこか、普段はベンゾと関係のないところに投稿します
(もしかしたら、気づいてない人に届くかもしれません)。
3、医療関係者に「世界ベンゾ注意喚起の日」だって言ってみましょう。
4、手紙を書きます。(あて先は地元の議員、政治家、医療関係者など)。
5、医師にアシュトンマニュアルやそういったもののコピーを渡します。
6、メディアに手紙を書きます(地元の新聞、ラジオやテレビ局)「世界ベンゾ注意喚起
の日」のお知らせと「注意喚起」が何故、そんなに必要なのかを説明します。
7、パンフレットを配る 8、ポスターを貼る。
9、「世界ベンゾ注意喚起の日」のTシャツや何かを身につけます。
10、厚生省や地方の保健所の外で集会をする。

 Facebookなどやっている方は、拡散をお願いします。
 また、行動のアイデアなどありましたら、かこさんのブログの方へ

抜粋、以上です  ※ -

こちらは7月11日の世界ベンゾ注意喚起の日に向けてのビデオです



再生するまで多少時間がかかるかもしれません
離脱症状など、他、薬害を受けた方々やご家族などのメッセージです


ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック
スポンサーサイト



オルタナ協議会、精神医療被害連絡会の勉強会・サードオピニオン5月

アリスパパさんの
八咫烏(やたがらす)ーメンタルヘルスの罠より引用 (※以下一部抜粋)
※青字をクリックするとリンク先(詳細)を見ることができます

オルタナティブ協議会、精神医療被害連絡会の勉強会
サード・オピニオン会の開催予定
○サードオピニオン会とは
「新たな視点からの選択と対話による回復」
医療とは別の視点で解決を探る対話会。別のリカバリーモデルの実践。
薬に頼らないオルタナティブな取り組み

何年もうつ病を患って中々治らない。
双極性障害と診断されているが、度々、気分変調の度合いが悪化。
統合失調症の治療を受けているが、大量の薬物治療を受けている。
子供に向精神薬治療を行っているが副作用が心配。
減薬をしたいが、どうするべきか分からない。

オルタナティブ協議会では、各地でリカバリー(再生)を目的とした対話会・相談会を開催。
入退室自由、匿名での参加可能。 

開催予定
東京 5/15
中津川(岐阜) 5/22
名古屋 5/25
西宮(兵庫) 5/26
大阪 5/27
高松 5/29
福岡 5/30

学会・講演会
5月27日 中川聡先生講演会「子どもに向精神薬」って大丈夫?
発達障害児支援LOF教育センター主催

関西オルタナティブ協議会【オルかん】主催イベント
5月21日 初夏の京都でバーベキュー
5月28日 「子どもに向精神薬」って大丈夫?勉強会



ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

オルタナ協議会・精神医療被害連絡会-ブログ・減断薬読本

長期に依存性のある抗不安薬(ベンゾ)、抗うつ薬を処方され
非常に苦しい離脱(禁断、退薬)症状を経験している当事者の立場から
共感するブログがあります。
アリスパパさん (ご家族が薬害でご逝去されています)
八咫烏(やたがらす)ーメンタルヘルスの罠より引用 (※以下一部抜粋)

【 減薬とリカバリー 】
減薬すれば良くなる。疫学的にみても薬物治療の転帰は、プラセボ、自然転帰に負ける。
薬物治療より認知行動療法の方が優れているという研究の数々がある。

英国NICEでは、中程度のうつ病に対しても薬物療法を奨めていない。
初診から半年間は診断名さえつけない(当然投薬はしない)ことが、主流になりつつある。

多剤大量処方に対する診療報酬のペナルティにより、
わが国もやっと諸外国並みの処方に近づく第一歩を踏み出した。
次は、抗うつ剤+統合失調症薬+睡眠薬といったカクテル処方の規制だ。
海外の単剤とは、全てのカテゴリーの薬の含めて単剤である。脳に作用する向精神薬は、
全て同一カテゴリーである。

だが、減断薬を行うか否かはそう簡単に決められない。
減薬を行うことを一番すんなり決めることが出来るのは、次のような人だ。
続きと記事全文は→ 減薬とリカバリー

【 減薬もリカバリーの原則に従って取り組むべき 】
長い間、精神科処方薬を服用していると、いつの間にか様々な症状が新たに加わる。
薬の副作用で引き起こされる症状もあれば、様々な精神症状が現れる場合がある。
服用前にはなかった、単なる薬の副作用(添付文書に載ってる)では説明不能な症状だ。
(いや、そもそも、副作用の情報自体いい加減なので、本当のところは誰も断言できない。)

人が怖くなって外出出来ない。
不安が高じて、ぶつけようのない怒りや悲しみが爆発を起こす。
ひきこもり状態の中で、少ない情報を紡いで妄想や幻聴を作り上げる。
狭い家族関係の中で悪者捜しをし、多くの場合家族を悪者にして恨む。
(確かに毒親は居るが、悪者は他にも大勢いる)
内在化した他者の眼差しが、幻視を生む。
減薬後の過敏症が高じて、被害妄想が生まれる。

減断薬がきっかけで、これらが現れることもある。
医者は、もともと持っていた病気が顕在化したと言うが、そんなことは誰にもわからない。
長い治療生活の中で、新しい精神症状を発症したということだ。

減断薬はただすれば良いというものではないと常々言っているのは、その為だ。
減断薬は強力な選択肢であるが、全てではない。
続きと全文はこちら→ 減薬もリカバリーの原則に従って取り組むべき

相談会、勉強会も開催されていますが、首都圏が主なので、現地まで足を運べ
ない方も(自身もそうです)いらっしゃると思います。
減断薬読本もあるそうです

詳しくはこちらに書いてありました→ 減断薬読本、減断薬の為の勉強会のお知らせ

- 関連記事 -
オルタナ協議会、精神医療被害連絡会の勉強会・サードオピニオン4月
オルタナ協議会、精神医療被害連絡会の勉強会・サードオピニオン3月



ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

オルタナ協議会、精神医療被害連絡会の勉強会・サードオピニオン4月

アリスパパさんの
八咫烏(やたがらす)ーメンタルヘルスの罠より引用 (※以下一部抜粋)

オルタナティブ協議会、精神医療被害連絡会の勉強会
サード・オピニオン会の開催予定

医療とは別の視点で解決を探る対話会。別のリカバリーモデルの実践。
薬に頼らないオルタナティブな取り組みとは?

何年もうつ病を患って中々治らない。
双極性障害と診断されているが、度々、気分変調の度合いが悪化。
統合失調症の治療を受けているが、大量の薬物治療を受けている。
子供に向精神薬治療を行っているが副作用が心配。
減薬をしたいが、どうするべきか分からない。

オルタナティブ協議会では、各地でリカバリー(再生)を目的とした対話会・相談会を開催。
入退室自由、匿名での参加可能。 MC中川聡氏。多彩なメンバーの参加
4月10日 新宿 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会 (終了後の情報ですみません)
4月20日 名古屋 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
4月21日 神戸 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
4月22日 大阪 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
4月25日 博多 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会

薬に頼らないオルタナティブ講座
社会精神医学的アプローチ・リカバリーモデルの基本哲学
①精神科診断(病名)や薬物治療に囚われない
②治療よりも回復を目指す ③病院・施設での治療から地域社会での回復へ
④なにより回復を信じること ⑤安全安心出来る場を提供するコミュニティ
⑥主体性を育むこと ⑦相互援助を基本とすること ⑧専門家は無力であること
⑨第3者との対話がもたらす効能 ⑩回復は家族や周りの人間にも必要

4月17日 薬に頼らないオルタナティブ講座 新宿
4月24日 クスリを考える一市民の作る新しいメンタルヘルスの形 島根松江

全国オルタナティブ協議会 HP
全国オルタナティブ協議会フェイスブック
神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】公式ブログ
神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】フェイスブック



ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

オルタナ協議会、精神医療被害連絡会の勉強会・サードオピニオン3月

精神医療被害連絡会は、
向精神薬の不適切な処方による薬害、医療被害を広く社会に周知させ、
被害の撲滅と被害の救済を目指す会だそうです。
サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会 (情報交換)
医療とは別の視点からの解決策を探る対話会。医療モデルとは別のリカバリーモデルの実践

全国オルタナティブ協議会 HP
全国オルタナティブ協議会フェイスブック
神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】公式ブログ
神奈川オルタナティブ協議会【オルかな】フェイスブック

アリスパパさんのブログ
八咫烏(やたがらす)ーメンタルヘルスの罠
(※以下抜粋)
何年もうつ病を患って中々治らない。
双極性障害と診断されているが、度々、気分変調の度合いが悪化している。
統合失調症の治療を受けているが、大量の薬物治療を受けている。
子供に向精神薬治療を行っているが副作用が心配。
減薬をしたいが、どうするべきか分からない。
問題解決・自己決定に必要な情報提供(処方分析、減薬情報など)。
さらには、他の参加者との対話のなかで、問題解決のヒントを探ります。
入退室自由、匿名での参加も可能とします。MCは私(中川聡/アリスパパ)
多彩なメンバーの参加を予定しています。

○今後の予定
2月28日 熊本 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
3月12日 減断薬の為の基礎知識(お薬を深く学ぶセミナー)in 大阪
3月13日 香川 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
3月19日 相模大野(神奈川サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
3月20日 名古屋 定例勉強会 市民の為の精神医療の知識
3月21日 薬に頼らないオルタナティブ講座 大阪
3月23日 名古屋 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
3月24日 神戸 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
3月25日 大阪 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会
3月28日 博多 サードオピニオン(精神疾患)相談会・対話会 

ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

薬害オンブズパースン会議 講演

ブログで前に紹介しました  
薬害オンブズパースン会議   (※以下HPより抜粋)

は、薬害エイズ訴訟の弁護団と全国市民オンブズマン連絡会議の呼びかけにより、
1997年6月に発足した民間の薬害防止を目的とするNGO。
医師、薬剤師、薬害被害者、弁護士、市民ら(定員20名)で構成されています。

月1回の定例会議等で意見をまとめ、
政府や製薬企業に対する要望書や公開質問を提出する
活動を中心に、厚生労働省の各種委員会への委員としての参加や
ロビー活動、シンポジウムや集会の主催、情報公開請求訴訟

などを行ってきました

(発足から16年で約160の意見書等を公表しています)。

ベロテックエロゾル、アクトス、マイリス、チャンピックス、サリドマイド、
SSRI(抗うつ薬) アラバ、イレッサ、タミフル等個別薬の問題の他、臨床試験登録制度
利益相反問題、一般用医薬品販売規制緩和問題、フッ素集団洗口問題
医薬品広告規制問題、新型インフルエンザ対策など制度の問題にも取り組んできました。 
また、支援組織である各地の薬害オンブズパースン・タイアップグループと連携して
全国的な実態調査なども行っています。


ベンゾジアゼピン系薬剤は、「安定剤」や「睡眠導入剤」などとして、 
一般内科など精神科以外でも 広く処方されている薬剤で 、
効果は短期的であり、通常の使用量でも 2週間以上の使用により 依存・耐性
を発現
することが確認されています。

欧米では、乱用や依存、習慣性、健忘作用などが社会問題化し規制が強化
されてきましたが、
我が国では、安心して使える精神安定剤という認識が一般化しています。
このため、安易に処方され、耐性化の認識がないまま、一旦処方されると
継続的に処方される傾向にあります。


そこで、
薬害オンブズパースン会議は2015年10月、厚労省および関係企業に要望書を提出
しています。

タイアップ札幌17周年記念講演「向精神薬を科学する」~抗不安薬・睡眠導入剤の功罪~

今回、向精神薬の問題に長年取り組んで来た石田悟氏を講師としてお呼びし
BZ系薬剤を中心に向精神薬の問題を会場の皆さんと共に考えたいと思います。

講師 石田 悟氏(藤代健生病院 薬剤師)
2016年3月5日(土)15:00~総会   15:30~講演会
北海道高等学校教職員センター 4階 大会議室
札幌市中央区大通西12丁目  参加費 500円
*講演会の参加は会員以外も自由に参加できます(事前の参加連絡は不要です)
(今回珍しく札幌で開催される講演会があるので、
体調が許すなら行きたいと思っています)


ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

ベンゾやめ方、精神薬、情報

昨年、酷い離脱症状で日常生活も送れなかった頃
横たわりながら、必死に携帯で、精神医療、薬、離脱症状など
について調べていました。
その頃から参考にさせて頂いている
医療関係者の方々のブログ情報を載せます。
有名なので知っておられる方は多いかもしれませんが。

もなかのさいちゅう
精神科医の方が書いている 「ベンゾジアゼピン系をやめるには?」
ベンゾ作用機序、ジアゼパム換算、減薬の一例。
コメント欄では訪問者の方々の質疑応答をしていらっしゃいます。
患者として、このような医師が増えて頂きたいです。

仮面うつ病の治療方法
薬剤師さんのブログです。薬の副作用、対策、減薬方法、対策、他情報沢山書かれています。

闘病されている方々の
回復を切に願っています

ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

減断薬情報掲示板 断薬.com



断薬.com

2013年にサイトを開設されており、400以上の断薬体験談が掲載されています。
完全断薬のみならず、複数薬の一部断薬、減薬中の方も投稿されています。
その投稿にコメントもできるようになっていますが、
沢山コメントが寄せられています。
面倒な登録や承認手続きはないようなので、
誰でも閲覧、投稿、コメントできます。

とても便利なのが、服薬種類一覧があり、知りたい薬の種類を選択すると、
その薬を含んだ体験談一覧が表示されます。
薬を知る上でも、生の体験談が一番役立つかと思います。
コメントでコミュニケーションし情報を得たり、共感しあえる事も
メリットの一部です。

精神医療ニュース・減断薬ブログ、サイトのリンク・断薬Q&A・ご意見、ご要望
もあるので更に参考になると思います。



ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

離脱症状の緩和についての情報

離脱症状の緩和についての情報募集
精神医療の真実  聞かせてください、あなたの体験

精神医療問題を中心に書いている、フリーライターかこさんのブログです。
処方薬による副作用、減断薬の離脱症状を抱えた当事者
や家族の方などが、沢山訪問コメントしています。
今回は 離脱症状の緩和についての情報募集
をブログアップされていて、多くのコメントが寄せられていました。


離脱緩和コメントで多い方法、私も試してきました。
呼吸法(丹田、なんその法)、自律訓練法、ウォーキング、体操、
入浴、足浴、爪もみ、足心道、ヨガ、鍼灸、目眩クリニック点滴療法、
食事改善(分子整合栄養法含む)、血液検査データーに沿ったサプリ。
アマニオイル、ココナツオイル、バッチフラワー、メディカルアロマ、ヘンプオイル。
オリジナルメンタル改善法。
どれも即効性があるわけではなく、積み重ねで
程度の差はありますが、時間はかかっても効果はあると
感じています。
一番大切なんだなと思ったことは、人は自然に生かされている。
太陽の下で風にあたり、自然に育まれた物を食べて
体を動かして、休息する。当たり前の事なんですが、
現代人にとって意外と難しい気がしました。
私はまだまだ減薬中なので、自律神経が狂う事は避けられないかも
ですが、自然の恵みと生物の自己治癒力で
ゆっくり回復していきたいです。

闘病されている方が少しでも
回復する事を切に願っています。


ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

ベンゾ添付文書改訂の要望書

産経ニュースより

 医薬品をめぐる問題に取り組む民間団体「薬害オンブズパースン会議」は
10月28日、抗不安薬や睡眠薬として病院などで処方されている
ベンゾジアゼピン系薬剤に薬物依存の恐れがあるとして、
添付文書の改訂を求める要望書を厚生労働省などに提出した。

 同会議は、医師が処方する常用量でも長期間の使用で
依存状態に陥り、薬をやめると不安や不眠などの離脱症状が現れる恐れが
あることを添付文書の警告欄に明記するよう要請。
継続処方に制限を設けることも求めた。

 現在の添付文書には重大な副作用欄に、
大量投与などによる依存性が記載されているが、
常用量での依存に関する記載はない。
同会議には、依存や離脱症状に苦しむ患者から相談が相次いでいるという。

 要望書では、製薬企業が患者向けの説明文書を作成して
医療機関で処方された全患者に配布するとともに
インターネット上で公開することなどを訴えている。

民間の医薬品監視機関
薬害オンブズパースン会議
HP


ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
131位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: