FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

抗不安薬 睡眠導入剤 講演5 -不安の意義-

  講演より
○不安の意義

RIMG0002 (4)
RIMG0003 (4)

RIMG0005 (3)

正常不安と病的不安の境界線がなんともわからないところなのですが。
私の場合ですが、正常不安も、病的不安に近い状態も、どちらもありました。
病的に近い症状は思春期から成人後もありました。

何度も過呼吸になった時期は、
理由がはっきりしていた事、他人に説明ができるのは正常だったと思います。
病的不安といえるかわかりませんが、過呼吸発症後は
またなるのでは。。という予期不安がありました。

思春期、成人してからの不安、過呼吸もですが、振り返れば思い当たる原因
・ 不規則な生活習慣 ( 睡眠 食事 運動など )
・ 良くない生活環境
  (家 学校 職場 の環境が穏やかに過ごせるような状態ではない 
   問題が起こる場面が多い )
・ ストレス発散の方法を間違えて行っていたかも

昔から、不安を抱え、不器用に生きてきたのもありますが。
原因があって、過呼吸がおきてから、11年も抗不安薬、抗うつ薬を服用しています。
それは、過呼吸がおきなくなって数年も経過しているのに、主治医から
一度も減薬提案をされなかったことが大きな理由です。
一昨年、自ら申し出て、主治医に承諾得、1年かけて薬を漸減しましたが、
元疾患とは全く違う、経験したことがない耐え難い離脱症状を抱えています。

脳の伝達物質に作用する薬が怖いと初めて知りました。
薬を常用しても心の疾患は治りません。一時、症状を抑えるだけです。
(自分のケ―スでは、過呼吸に薬は効いたことがありません。。)
常用すると、依存を形成し離脱症状という違う疾患が出現するかもしれません。

かといって、急激な減断薬は離脱症状を悪化させてしまうので、
今後減薬される方は、心身状態をよくみながら、本当にゆっくり(場合によっては年単位)
錠剤を細かくカットするなどの漸減をした方が、より安全だと思います。

抗不安薬、睡眠導入剤のベンゾは世界的に頓服、短期でしか推奨されていません。
依存が形成されないであろう期間は、臨床的に、1週間以内だそうです!
私はリボトリールを最初数年間、頓服で月10錠しか服用しなかったにも
かかわらず、離脱症状が酷かったです。

もし、心に疾患のある方は、生活習慣を見直すことを先決に。。
健康な心は健康な肉体に宿る。
継続は力なりよ                    コロ助...

 闘病されている方々の回復を願っています  

- 関連記事 -
抗不安薬 睡眠導入剤の危険性 講演 1
抗不安薬 睡眠導入剤の危険性 講演 2
抗不安薬 睡眠導入剤 危険性 講演3-デパス-
抗不安薬 睡眠導入剤 危険性 講演4
抗不安薬 睡眠導入剤 講演6-睡眠-
抗不安薬 睡眠導入剤 講演7-ベンゾ功(良)の部分
抗不安薬 睡眠導入剤 講演8- ベンゾ依存性 離脱症候群-
抗不安薬 睡眠導入剤 講演9- ベンゾ依存性 離脱症候群-
抗不安薬 睡眠導入剤 講演10- ベンゾ依存性 離脱症候群-
抗不安薬 睡眠導入剤 講演11- ベンゾ依存性 離脱症候群/まとめ-
抗不安薬 睡眠導入剤 向精神薬 講演12 - 完 -





関連記事
ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

トラックバック

コメント

不安
こんにちわ。

普通の不安と病的な不安ですかぁ。
難しいですね、判断が…
今の自分は両方ある感じです。

ポチ☆
Re: 不安
kaionさん、こんにちわ。

活字にされると、どっちにも当てはまる症状が私も過去にありました。
生活習慣、特に睡眠と食事内容が心身の健康に
重要だそうですよー
それで良くなるなら、副作用もないしいいですよね

ポチ☆ありがとうございます!(*´ `*)
  • 2016-03-22│11:31 |
  • pipi(ぴぴ) URL│
  • [edit]
得体の知れない恐怖
おはよう!

ふーみんの場合は、不安というよりも、
「得体の知れない恐怖」といった感じでした。
20代のほとんどを、この恐怖に悩まされて過ごしました。
一晩中、ひとりで泣きながらお祈りをすることも、よくありました。
もちろん、お祈りをしてもこの恐怖が消えることはありませんでした。

怖くて怖くてたまらなかったので、
生活習慣を変えたらなんとかなるかもしれないと思い、
じぶんから頼んで、精神病院に入院しました。
しかし、恐怖はますますひどくなり、ほとんど逃げ帰るようにして退院しました。

入院中に飲んでいたのは、SSRIです。
医師からは、「SSRIは、あなたには 合わなかったようですね…」と、
あとから言われました。

30代になったら、やっと恐怖が消え去りましたが、
なぜ、恐怖が消えたのかは、今でもまったくわかりません。

でも、時間はかかりましたが、ちゃんとなおりましたよ!
よくわかんないけども、薬のおかげであるとは思えません。

今のふーみんのしあわせを、
当時、恐怖もうつ状態も、なおるわけないと思い込んでいたふーみんに、
見せてあげたいなぁ…なぁんて思います。(#^.^#)
  • 2016-03-23│06:26 |
  • ふーみん URL
  • [edit]
Re: 得体の知れない恐怖
ふーみんさん、おはよう!(^^)

長い間つらかったですね(T_T)
気づきづらいような何か、原因があったんでしょうかね。。
でも得体の知れない恐怖が、消え去って本当に良かったです。

ふーみんさんの作品を観ていると、私も気持ちが穏やかで元気になります。
いつも、ありがとうございます!
これからもブログ楽しみにしていますね。
  • 2016-03-23│09:57 |
  • pipi(ぴぴ) URL│
  • [edit]
No title
これ、判断が難しいですねぇ。
向精神薬を服用したことがない人にも病的な部分ってあると思います。そこに自分の許容範囲以上の強烈なストレスがかかり続けなければ、パニック障害やうつ病にまで至ることはないでしょうから。
私の場合は責任感が強すぎて、自分の限界以上に頑張ったり我慢したりする上にストレス発散がうまくできず、二度もパニック障害になりました。なかなか実践するのは難しいところもありますが、自分の限界を超えるストレスを抱えるような事態になることを避けること、ストレスを抱え込みすぎる前に健全な形で発散すること、この二点は常に頭に置いておかなくは、と改めて強く思います。

ぴぴさんも右側にばっかり疾患が出ているのですね。実は、私もなんですよ!重度の歯肉炎で切開した歯茎、腰から太ももにかけての焼けつくような痛みetc、ありとあらゆる症状が右側に強く出ています(左側は右に比べると全然マシレベルです)。で、私も左脳に強い異変が起こってるんじゃないかと思っていたんです。交感神経の暴走、副交感神経の冬眠、中枢神経の混乱、伝達物質の不足(脳からの指令が正常に機能していない)とか、そういうことなのかなと思っています。もしそうだとすると、やはり脳の機能を回復させるために自分がやれることをドンドンやったほうが、離脱症状から早く回復することができるんでしょうね。
お子さんたち、これから社会に出て結婚して子供をもつ過程で、親のありがたさを実感していくんだと思います。自立して稼ぐことの大変さは経験しないとわからないですもの。まずは親が経済面で支えてくれたからこそ、自分がここまで育つことができたんだって、ちゃんとそこに気づくはずですよ。ぴぴさんも、働きながら子供を育てて(養って)きたことにもっと誇りを持ってくださいね。誰にでも当たり前にできることではないですもの。私には子供がないので、ぴぴさんが立派だということがよくわかりますよー!
家庭菜園とか味噌作りとか、新しいことにチャレンジもいいですね!離脱症状関係なく、年齢的にも脳が衰え始めるころなので(私もアラフィフです)、脳にいい刺激を与えていかないといけないですものね。私も状態が落ち着いたら何か新しいことにチャレンジしてみたいです^^
私の状態なんですが、ちょっと前までは完全な夢遊病者だったのですが、数日前くらいから「午前中と夕方の数時間は酔っ払いになる正常者」になってきました。昨年、眠剤を断薬したので睡眠状態もボロボロだったのですが、ひたすらウォーキングの成果でしょうか、脳の興奮より体の疲れが勝ったようで、ようやく自力で寝れるようになりました(数時間ですが)。あまりに離脱症状が激しかったので回復に対して半信半疑ですが(本当の自分がどうだったのかわからなくなりました)、ちゃんと回復しているようです。回復してからもレクサプロの減・断薬という、いつ終わるか分からない道のりが待っていますが、これだけひどい経験をしたのだから「乗り越えてやる!」と思っています。
北海道も早く冬が終わるといいですね。東京は季節の変わり目で寒暖差が激しいですが、やはり暖かい日は外的な負担が減る分だけラクになります。日光のありがたみを感じています^^
  • 2016-03-23│12:01 |
  • H URL│
  • [edit]
Hさん
とっても、わかりやすいです!
私は表現が下手なのでHさんに救われます。
ありがとうございます。m(_ _)m

酷い離脱症状と精神薬の依存を知った頃は、
辛すぎて、症状,自分の気持ち,経済的な事,後悔,先の不安
ばかりに気がいってました。
離脱症状のブログ、減断薬を成功され回復された方のを読んでも
つらい気持ちが先行してました。何十人もの拝見しているうちに
沢山の方が回復には動いた方がいいと。緩和も書かれていて
功を奏すかもしれないとありとあらゆる方法を試し。

今も退職した後悔、過去色々なフラッシュバックが襲います。
過ぎ去った過去は変えれないと言い聞かせてます。
ただでさえ、離脱で心身ダメージ追っているんだから
自分で自分を追い込むな、褒めようと、思いこむことにして。
いきなり離脱症状が酷く襲ってくる瞬間もあると
恐怖で不安になりますが、半分位は「また、きたか。しつこいね。」
と、受け流してみたり。。逆に、笑いに変えてやるーと思うことも。
そうでもしないと、耐えられないので。いつもそばにいるのは自分なので。
自分位は自分を守って元気づけてあげようと。

そんなことを続けていたら、途中で違うことにも気づきました。
最初は減断薬だけを目的に、離脱症状緩和ばかり考えてましたが
減断薬できれば、離脱がなくなれば、それでいいのか?と。
世の中には、色々な境遇の方がいますが、誰が見ても相当つらいことを
抱えていても優しく強く生きてる方もいます。
少しのことでも、とても落ち込む方もいます。
今後、また何かあったら、また過呼吸になるのか?
何かに依存して、何かを犠牲にするのか?と。
なら自分を変えていかないとダメでしょうな、と。
すぐなんて変わらないけど、訓練しづづければ、成果は出せると
思って。もう離脱症状を仕事の一環位に捉えてます。

私もHさんと同じような性格です。心の疾患になりやすいタイプみたい
ですよね💦  今は右ですが、実は薬関係なく昔は肩こりなんかは左だけでした。なんで今は右?離脱症状だからやはりおかしいのか?と。。
脳はまだ解明されていない部分もあるので、自己回復力を信じたいですよね!

子供はとっくに社会にでていますが、問題山積みです。
高齢の親がいるので、子供と家庭内での世代交代したいです。
昔から添加物は避けてますが、家庭菜園と味噌は手作りがいいかなって。
親が今まで少し菜園しており、私は仕事漬けでできなかったので
今年は教えてもらおうと思います。農業なので外の空気にも触れます。
味噌はカビるから秋だと親に突っ込まれました、、

ウォーキング、離脱回復の鉄板ですよね、今年はこれから沢山歩きたいです!
今こちらは雪が降っていて15㎝位積もって-1℃です |д゚)
南国に移住したい。。
頑張っているHさんに元気もらいました。
ありがとうございます。
  • 2016-03-24│00:07 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
恐怖と不安
こっそり書いてますが。。。

私は物心ついた時から恐怖と不安の中で過ごしてきました。
すばらしい両親のおかげです。

自分が親になって思うことは、
自分の子供によくもまあ、こんな仕打ちができたもんだと。
私ならできません。
子を持って知る、親の恩の逆バージョンですね。
  • 2016-03-26│18:05 |
  • かあちゃん URL│
  • [edit]
ぴぴさんへ
まだ離脱症状から完全に抜け出しているわけではなく、頭が回らないので、今頃になってぴぴさんのコメントにお返事させていただいております。遅くなってすみませんっ(汗)

そう、そうなんですよ!世の中には色んな境遇の方ががいらっしゃるんですよね。震災の被害にあわれた方もそうだし、身近なところでも、近所の都立公園をウォーキングしていれば、不自由な足のリハビリをされている方も結構見かけます。自分の友達だって、ごくごく普通の生活をしているように見えても、マジ話をしてみれば、ダンナさんが事業に失敗して…なんて苦労もしてたりして。みんな口に出さないだけで、色んな辛いことを経験してたり、苦労をしてたり、悩みを抱えてたりするんですよね。
かく言う私も、50年近く生きているので、色々ありましたわ。でも、過去があるから今の自分があるわけだし、悪いこともあればいいこともあるんだし、それが人生ってもんだし、と思います。
ぴぴさんが退職されたこと、私はちょっと早いだけの定年退職だと思いますよ。この先、ぴぴさんが離脱症状と戦う生活から解放されたとき、例えばこれからチャレンジする家庭菜園が、10年後にはネットを使った仕事に変わっているかもしれないし。過去は変えられないけど、未来は自分で切り開けますからね!それに、性格はなかなか変えられないけど、訓練すれば考え方を変えることはできますしね^^
あ、ぴぴさん、美人さんですね!社会人のお子さんがいるようには見えませんわ。お互い、いつまでも見た目は若くいたいですよね~!
  • 2016-03-29│19:47 |
  • H URL│
  • [edit]
Hさん
離脱症状で、頭の回転鈍くなりますよね。。
今は将来の夢や目標が見つかってないので、今を生きるだけです。
先のことはわかりませ~ん
写真ずっと撮ってないんです、6年前のでした。
離脱症状で20才位、年とった感じです。。(;´Д`)





  • 2016-03-30│20:11 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
131位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: