FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

お散歩 ワンコと私の お花見

160506_1308-01.jpg
160506_1733-01.jpg


 今日は少し遠くまで ワンコとお散歩がてら
桜を観に行きました。 

下の写真は 真下から はじめて撮ってみました。

天気は  でしたが、良い気温でした。

体調はあまり良くないですが、気持ちよかったです。

ワンコの写真は地面の匂いばっかり嗅いでいて

下向いているので やっと撮れました  

160506_1311-01.jpg




関連記事
ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

トラックバック

コメント

おはようございます!
可愛いワン▽・w・▽
ちゃんですね(*⌒▽⌒*)

リボンが可愛い(*^^*)

体調が今一との
事ですが、ワンちゃんとの散歩で、少し紛れていたら良いのですが!?
  • 2016-05-07│06:52 |
  • sashimisashimi777 URL
  • [edit]
花曇り
おはようございます。
花曇りもなかなか乙なもんですね。背景がグレーだと桜の花が映えます。
家の裏が桜並木で、桜が満開のころ歩くといい匂いがします。
(「桜餅の匂いがする」と言ったら一緒にいたダンナに、「桜餅のほうが桜のにおいがするんだろ~」と言われました。)
ワンコは人間の何百倍もの嗅覚があるらしいので、「このいい匂いは何だ?!」とくんくんしちゃうんでしょうね~。

体調はいかがでしょうか。
お散歩が少し気晴らしになられたようですが、季節の変わり目は不調になりやすいですね。

私はサイレース減薬(5/8錠→4/8錠)の6日目です。4日目までの不眠が5日目で一転、眠気でやられてます。前回の減薬からこのパターンが続いています。来週の予定(仕事は月締め処理で多忙な上、歓送迎会あり。。。)を考慮しつつ、次の減薬のタイミングを計っています。仕事もプライベートもストレスだらけなせいか異様な眠気が出て、これはこれで困っています。(どこかのブログで「リフレックスの眠気は服用者が緊張状態にいると激しくなる気がする」、みたいなことをおっしゃる方がいて、そうかも、と思いました。)妙な曲の脳内再生は相変わらずで。。。慣れちゃって鳴りっぱなしにしていますが、時々ウザすぎて叫びたい衝動に。。。叫ぶまではいきませんが。。地味に辛いです。

札幌はこれからがいい季節のようですね。関東はもう暑いです。GW中、衣替えをしました。

少しでも気分よく過ごしたいですねお互い。
地道にやっていきましょう。

ぽち☆彡
  • 2016-05-07│08:47 |
  • かあちゃん URL│
  • [edit]
花見
おはようございます。

昨日はワンちゃんと花見だったんですね。体調はあまり良くなかった
という事ですが花見で少しは
気分は良くなりましたか?
たまには外出するのも良いものです。

ポチ☆
sashimisashimi777さん
ワンコはブサイクな顔の時もあります!笑
どんな表情でもカワイイです。

前の飼い主が通っていたトリミングサロンに
連れて行っているので、リボンはいつも
ついてますね。嫌がってないので慣れているみたいです。
服は嫌いな種類があるようで、冬の散歩以外は
着せません。

動物と自然には癒されますね-(^◇^)
セロトニン出てるかなぁ
  • 2016-05-07│14:17 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
GW
私も動物と暮らしているので、ワンコの目や毛並みを見ただけで、ぴぴさんのお宅でとっても大事にされているのがよくわかりますよん^^
こちらは気温の↑↓が激しくて参ります。真冬の寒さは脳が緊張して「怖い」がすごかったのですが、暑いと脳がのぼせてイライラが高まるようです…。
離脱症状、どのくらいで収まるんでしょうかね?後遺症が残ると言っている医師もいますが、やっぱり全快は無理なのかしら?
酷い時に比べたら相当収まってはきているものの、だんだんと本当に回復するのか?どこまでを回復と言うのか?という疑問がわいてきています。
離脱症状の恐ろしさは、自分がどんな人間だったかもわからなくなることですよね。だから、どうなれば離脱終了と言えるのかわからない…。
もう戻りましたが、単身赴任中の主人が帰ってきていました。お正月以来です。仕事人間だし、本当に仕事が忙しくて日々いっぱいいっぱいなので、私の症状については話していなかったのですが、ようやくゆっくり話をすることができました。
震える手と、手首の筋肉がピクピク動いているのを見せたら、普通に「うわ、怖っ!欲してもないのに勝手に禁断症状が出てるんだ、こえーっ!」と言われました。そりゃ、そうですよね。私だってこんな現象が起きるなんて信じられませんもん。
主人は理解があるので、薬の怖さについて色々話をしました。心置きなく話せる相手がいるといい刺激になるようで、失っていた記憶の一部や手足の感覚も少し戻りました。
でも、単身赴任はまだまだ続くので、やっぱり孤独な闘いですわ。家族と一緒に住んでいる人がうらやましいけれど、人それぞれ事情が違うから仕方ないですよね。
話は変わりますが、たぶんレクサプロの離脱症状だと思いますが、このところ立っていられないくらいのめまいとふらつきがあるのですが、ぴぴさんもパキシルの減薬でそうなりますか?
調べたら、抗うつ剤は前頭葉(と側頭葉)に強く作用するので、減断薬で記憶障害やめまいやふらつきなど、認知症のような症状が強く現れるみたいです。
ベンゾでもなりますが、ベンゾのほうが軽いというか、抗うつ剤のほうがずっと重っ苦しい感じがします。ぴぴさんはその辺、どうでしょうか??
  • 2016-05-07│14:36 |
  • H URL│
  • [edit]
かあちゃんさん
本当に桜は綺麗ですね。北海道は今一番見ごろです。
関東は5月でも夏のように暑い日あるでしょうね。
先日、関西が真夏日とニュースで見てビックリしました。

減薬はストップ、ステイしていますが、離脱症状が
弱くなりませんね。相変わらず、右肩下全部ぶっ壊れた
状態で痛く。昨日は右下腹に痙攣(感覚的には腸)
、今日は左脇腹に引き攣る痛み。足に力が入らず重く普通に歩けません。
イライラと落ち込み、意識朦朧ですね。
右上の歯茎が麻酔したように痺れてます(これは初めて)

やはりパキシルが難敵です。
痛みが半端ないです。
血中濃度は比例しないし、ベンゾの代謝も左右するので。
とんでもない組み合わせで処方してくれた
な、と主治医を恨みます。もうパキシルは二度と服用したくないです。
手探りですが、様子みながら減薬していくしかないんですが。

かあちゃんさんもお仕事あるので、ご無理せずに。
お互い頑張りましょうね。
ぽち☆彡 ありがとうございます!
  • 2016-05-07│14:55 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
kaionさん
こんにちわ。

買い物、病院、散歩には普段行きますが、
ちょっと違う公園にワンコと散歩に行ってみました。
自然は癒されますね。
体はつらくても、気分的にリフレッシュしました。

ポチ☆ありがとうございます!
  • 2016-05-07│15:09 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
Hさん
動物と一緒の生活なんですね、世話と責任は大変ですが
癒されますよね。気温差激しい時期ですね。
離脱症状の終息って、体感でしか目安がないですよね。
検査できる訳じゃないし。。そもそも元疾患も血液、脳の検査で
診断されてる訳でもないし。よく考えるとおかしな診断ですが
マインドコントロールされて変な常識が蔓延して
感覚が麻痺してますね。ホント馬鹿でした。

ウチのオヤジ(配偶者)も出張で年の半分位しかいないです。
我が家は、酷い離脱症状の昨年はさすがにあたふたしてましたが
喉元過ぎれば・・だし、未だにそんなに理解してません。

おかしな目眩はもう5年は続いてます。
パキシル離脱症状で。リボトリールの目眩とは
種類が違います。視線を変えると、目の焦点が合わない、
頭がガクガクする。血の気がいきなり引いて失神しそうになる。
パキシルはシャンビリという離脱症状が有名ですが
、痛み、痺れが強烈です。耳鳴りは現在、たまにです。
減断薬ブログでよく見たのが、減薬期間の離脱症状
で抗うつ薬は激しいが、断薬後はベンゾよりしつこくない。
でも、薬害オンブズパースン会議の講演では、
長期服用の抗うつ薬を断薬3年経っても
体の痛みが治らないと聞きました。。
ベンゾも抗うつ薬も含め、脳に作用する薬は心身全体に
異常をきたすんでしょうね。。
何がおきているのか、医師ですらわからないんじゃないでしょうか。。
特に複数薬だと、未知の領域ですよね。。

  • 2016-05-07│17:10 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
離脱症状
ぴぴさん、Hさん、私は9年間、多剤多量服用でしたが今のところおふたりのような酷い離脱症状は経験していません。
酷いのは不眠、脳内音楽のエンドレス再生、あとは肩やひじの痛み、恐怖感、不安感、言葉が出てこない、思い出せない、等でしたが、不眠とエンドレス再生以外はいずれも消えているか分からない程度に軽くなっています。
不眠の治療で再服用、再減薬中のサイレースの離脱症状(精神不安定、一時的な不眠、言葉や物の名前が出てこない、等)はありますが。
今後どうなるか分かりませんが、終息していくような気がします
抗うつ薬も離脱症状の出やすいものとそうでないものがあるようですね。
パキシルやサインバルタといったSSRIは離脱症状が出やすいとか。
抗うつ薬のリフレックスも飲んでいますが、サイレースの断薬が完了したらこちらも早々に減・断薬する予定です。
以前も同じ話をしていて恐縮ですが、サイレースもリフレックスも以前飲んでいたのを減・断薬した経験があります。7~8年飲んでいたサイレースは、減薬から3~4日目に離脱症状のピークが来て後は楽になる、半年飲んだリフレックスは15mg→7.5mg減薬時に軽い眩暈があり、そこからゼロにした時にはっきり感じる程度の眩暈と吐き気が1週間程続いて消えました。ぴぴさんがおっしゃるように、ベンゾほどしつこくないという印象があります。
減・断薬のブログなどは、ネガティブになることが多いのであまり見ません。最低限の知識を得たらほぼシャットアウトです。こちらは例外的にお邪魔させていただいてますが。
うちも家族の理解がないです。
離脱症状の説明も受け付けない感じです。
一時、恐怖と不安が強かったときはさすがに家族もただ事ではないと思ったようでしたが、今はほぼスルーされてます。
  • 2016-05-08│08:50 |
  • かあちゃん URL│
  • [edit]
かあちゃんさん
パキシル、ルボックスは離脱症状が出やすいみたいです。
サインバルタとレクサプロは比較的新しい薬の部類で
医師の間では従来の薬より副作用、離脱症状が少ないと
思われているようですが、それってMRの言葉
をそのまま信じているのかもしれません。。
サインバルタはカプセルらしいので、減薬しずらいのかもしれませんね。
(中を開けて粒を減らし再度戻すという減薬する法がありました)
レクサプロは短時間作用ではないですが、力価が高いので
減断薬も簡単ではないと思います。

短時間作用,高力価の薬 長期,多剤であればあるほど
離脱症状は出やすいですよね、体質にもよりけりですが。。

長期服用の高力価サイレース離脱症状は酷くなかったのですか?
以前最高力価のレンドルミンを服用されていましたが
私が服用しているデパス / レンドルミン、ハルシオン、リーゼは
同じチエノジアゼピン誘導体で似ています。
断薬されていますが服用は短期間でしたか?
質問ばかりですみません m(_ _)m💦
等価換算でみるとレンドルミン 0.25(半減期8時間/最高血中濃度から半減期まで5.5時間)
=サイレース 1(半7/5.5) =デパス 1.5(半6/3)
この数字をみるとどれも手強い薬ですが。。

抗うつ薬離脱症状のしつこさも種類にもよるのかもしれませんし、
ベンゾと抗うつ薬がどちらが離脱症状が楽というのは
安易に比べられないのかな、とも思ってます。
というか・・なぜ医者がそういうことをわからず患者が
手探りで調べなきゃいけないんだ・・と。

減断薬、離脱症状でとても苦しんでいれば
経験者の情報を知りたい方がいると思います。特に種類、処方期間
が似ていれば尚更。家族であっても、経験してない限り
理解できないのは仕方ないかもしれませんね。。
悲しいかな。。
情報は私も酷い離脱症状期間に見たので、ショックすぎました。
ただでさえ苦しい時だったので。
でも、今は全て役立っています。
離脱症状を少なく、減薬をスムーズに行う点では情報は
不可欠だと思います。医療機関からの情報が得られない現状を
考えると。
減断薬するにあたって、薬(敵?)の情報を知るのもひとつの強い
アイテムですし。ブログは、自分が主治医(第3者目線)として見て
負の気持ちにならない強い信念が必要かもしれませんよね。
  • 2016-05-08│12:21 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
一番手ごわかったのは
減断薬で一番手ごわかったのは、意外かもしれませんが、偽薬じゃないかと言われるほど効果の弱いレンドルミン(ブロチゾラム)です。
サイレース断薬後、置き換える形で2ヵ月程度服用した後、1錠(0.25mg)を1/4づつ減薬、4週で断薬したところ(ベンゾ総量ジアゼパム換算で15mgくらいのところ)、思いっきり反跳性不眠に襲われ、以来半年近く反跳性不眠状態が続いて苦しみました。(効果が弱いからと侮って減薬スピードが早かった、引き続きジアゼパムの減薬も強行した、という事情を考慮しても、離脱症状は酷いという体感です。併用のリフレックスの眠気でさえ役にたたないくらいの酷い不眠でした。)レンドルミンの半減期は7時間程度と短いので反跳性不眠を引き起こしやすくはありますが。

レンドルミン0.25mgは、力価で言うとサイレース1mgと同じ「1」ですが、効き目は雲泥の差です。サイレースは気絶するくらいの眠気がでます。

サイレースは、リフレックス15mg1錠を新規に飲みつつ、2mgを2週間で1mgに、その後の2週間で1mg→0(←レンドルミン0.25mgに置き換え)に減薬しました(当時のベンゾ総量はジアゼパム換算で30mg~20mgの間でした)が、離脱症状は最初の4日目までの不眠傾向と左肩痛、を我慢すれば後は楽になりました。一度に1mg(=ジアゼパム5mg同価)減薬してもです。
効き目が強いのに反跳性不眠にならなかったのは半減期が長いからだと思っています。(効き目は7時間程度ですが、半減期は27時間くらいです。)

レンドルミンは、こいつは効果は弱く力価は高く(コスパ最悪かも)、半減期が短く反跳性不眠を引き起こす、という、まったくいいところのない薬でしたが、デパスと同じような構造でしたか。。。。

チエノゼアピン系の薬は離脱症状が酷く出るのかもしれませんね。
  • 2016-05-08│13:39 |
  • かあちゃん URL│
  • [edit]
かあちゃんさん
レンドルミン最高力価で短時間作用なら
離脱症状強く出そうですよね。意外なのは
それなのに効果が弱いとは。。

サイレースって半減期7時間過ぎても、血中濃度が
その後も十数時間下がりづらいんですね。
2段階半減期になると書いてました。
私の服用しているデパスも気絶睡眠ですが、
強烈な体感なので、やめづらいであろうと予測してます。
実は昨夜から粒コショウ程度減らしました。
いつもより早く覚醒しました。やはり。といった感じです。
筋弛緩効果も高いので、体の痛みも出そうです。。
昨年の拷問離脱を避けるため超微量減薬していきます。
  • 2016-05-08│15:43 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
向精神薬はすべて
単剤であっても、長期服用すれば離脱症状は出ると思います。
例えば、レクサプロ1錠を10年服用したら合計3650錠。2錠を5年でも3650錠です。普通に考えて、脳に強く作用する薬をこんなに体に送り込んでおいて、何の影響もないはずがないですよね。
血中濃度の半減期が長いから離脱症状を起こしにくいというのも、あまり根拠のない説だと思っています。(ちなみにレクサプロは発売されて5年も経っていないから患者からの情報が少ないだけであって、離脱症状を起こしにくいなんて嘘!)
血中濃度がゆっくり下がることと、薬が脳に与える影響(ダメージ)は別物ですし、現にネットで検索しても超長時間作用型のメイラックスで離脱症状を起こしている人は山ほどいますよね(私もだし)。
それに、普通に考えたら、半減期が24時間以上ということは、半減する前に次の薬が入ってくるということであって、長時間作用型であればあるほど体内に薬の成分が多く残っているということになり、脳に与える影響は短時間作用型より大きいということになりますもん。
実際に離脱を経験した人の話が真実であって、薬理データを元に解説・見解を述べている医師を除けば、その他の人の情報なんていい加減もいいところだと思います。
前から思っていたのですが、なぜ日本ではサイレースの処方が許され続けているんでしょうね。先進国はほとんど…なのに。日本の厚生労働省や医師は本当におかしいです。



  • 2016-05-08│23:29 |
  • H URL│
  • [edit]
Hさん
短期服用でも離脱症状が強く出る方も
いらっしゃるようです。
ただ、長期、多剤になればなるほど、副作用怖いですね。
短時間作用の薬は1日1回でなく2回3回という処方をされている
こともあるので、なんにしろ害ですね。

精神薬の世界的なガイドラインは処方が
単剤、短期になっていますが、単剤であれば、その薬のみ
の作用、副作用を判断できる点、複数薬になると
相互作用が未知すぎることが含まれていると思います。
それは精神薬に限らず、他薬でもそうだと思います。
禁忌でなければ、大丈夫なんてこともないでしょうし
精神薬の種類が多すぎて、どの組み合わせでどんな作用を
おこすか明確なデーターがまず存在するのか?
それを処方する医師が把握できているのか。
できてないですよね。。
Hさん同様私も日本の精神医療はおかしすぎると
感じます。

サイレースはアメリカなどでは持ち込み禁止ですが
他薬でも禁止の種類があるようで
医師の診断書、麻薬携帯輸入輸出許可書を
入国先の地方厚生(支)局麻薬取締部に申請しないといけないですよね。
しかし、デパスは処方されている国が少なく
向精神薬取締の対象になっておらず世界的に規制対象外になっています。
これも、相当問題だと思います。
  • 2016-05-09│11:13 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
説明の義務付け
本当にその通りです。
私もメイラックスの短期服用でひどい離脱症状が出ましたし、デパスだって確か1日最大3㎎まで処方されるし、何よりデパスは本人の意思とは関係なく依存性がついてしまうのが大問題ですよね。
短期だから、長期だからという問題ではなく、麻薬や覚せい剤と酷似している、あるいは劇薬指定のなされている薬を、本人に説明することなくバンバン処方する医療体制に大いに問題があると思います。
私は約1年服用したパキシルの断薬で離脱症状が出ませんでしたが、それはたまたま運がよかっただけだと思っています。あと3ヶ月長く服用していたらどうなっていたかわからないです。
離脱症状や副作用が出なかったから、この薬は大丈夫とかいう問題ではなく、離脱症状や副作用を起こすような薬自体に問題があると思います。
単剤だけでも十分問題なのに、データすらなく、医師も把握できていない、把握しようとしていない複剤・大量処方なんてもっての外です。
リスクを知りながら製造する製薬会社、認可する厚生労働省、そして処方する医師。人としての良心はないのかと。日本は経済的には先進国であっても、人権や制度においてはまったくの未熟国ですよね。
サイレースは米国では持ち込み禁止の準麻薬扱い、加国・豪州・英国・仏国にノルウェーなんかも製造販売中止の禁止薬物になっていますよね。世界的にはほとんど処方されることのないデパスも含め、日本にはどうして危険薬物がこんなに蔓延しているのか。おかしすぎるし、怖すぎます。
せめて、心療内科では薬を処方する際の説明の義務付けをしてほしいです。そこで服薬を拒否する人はたくさんいるでしょうから。それでも服用したい人がいるのなら、副作用や離脱症状が出てもそれは当然自己責任ですから。本当にそういう制度をきちんと作っていただきたいです。

  • 2016-05-09│15:08 |
  • H URL│
  • [edit]
Hさん
まったくもってその通りですね。
同感です。
  • 2016-05-09│17:20 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
サイレース禁止
あの効果を悪事に使われたらたまったものではないので禁止は妥当だと思います。日本でも「呼吸が止まる恐れがある」、という文言が注意書き(添付文書?)が最近つけられたはずです。

推奨はしませんが、反跳性不眠を治すには、この薬が唯一効果がありました。これは自分自身での人体実験の結果です。ここから1/8錠づつ減薬していますが、酷い離脱症状は今のところ出ていません。半減期が長いと薬が重なる時間帯がありますが、毎日同じ時間に薬を飲んでいたら数日で一定量になりますよね。

薬を飲まないに越したことはないですが、断薬までを視野に入れて効果や離脱症状の出にくさを考慮して薬を選び、うまく使っていけばいいのでは?
激しい症状で苦しんでいる人にとってはその症状を抑えることが重要だったりしますよ。
なんでもかんでもダメ、はないと思います、私はがんばってがんばって反跳性不眠に半年くらい耐えましたが限界でした。ベンゾ(サイレース)を再開するのは無念でしたが、再服用で劇的に改善しましたよ。あの我慢は何だったのか?という感じです。そして再服用からさらに再減薬をして、いまでは反跳性不眠が出ている時にはそれほどの効果もでなかった量でしっかり眠れています。これからさらに減薬し、断薬も見えてきています。(焦らずやります)
こんなことならもっと早くサイレースを再開して、反跳性不眠を改善してしまえばよかったと思っています。
反跳性不眠は酷いですよ、まったく眠れないか、眠れても1~2時間。そんな状態が何か月単位で続くんです。気が狂うかと思いました。もっと我慢したら自殺していたかも。
死ぬのと薬を飲むのと、二択でしたね。
反跳性不眠になったらとにかく脳に眠ることを思い出させる必要がある、という感じです。なので、自分が十分眠れた、と感じる程度に薬を飲みましたが、それがリフレックスとの併用です。
リフレックス1錠とサイレース1錠を併用して数日で劇的に改善、十分な睡眠が取れるようになり、それが3日連続したところで1/4錠減薬しました。
以後、1/8錠づつ、順調に減薬しています。
サイレースもリフレックスも効果の割には減断薬が厳しくないことを自身の経験で知ったので、これらを選んだのです。
薬は使いようではないですか?うまく使えば薬だけど、下手に使うと毒になる、そういう認識です。(うまく使うのが医師ではなく、患者自身の人体実験から得た知識で、というのは問題ですが)


半減期が長い薬は離脱症状が出にくい、というより、短い薬に離脱症状が出やすいという方が私の実感に近いですね。
  • 2016-05-09│22:22 |
  • かあちゃん URL│
  • [edit]
かあちゃんさん
>激しい症状で苦しんでいる人にとってはその症状を抑えること

の中に、再服薬、または減薬量を多少戻すか増やすのも
立て直すひとつの方法だと思います。

ただ、あまりにも離脱症状が酷く出て減断薬から
期間が経ちすぎている場合は、再服薬して、離脱症状が
消失、軽減という保証もなく、
逆に薬の副作用が強く出た、以前の常用量では抑えられず
2~3倍になったという体験者も結構います。
私自身も酷い離脱症状から数ヵ月後経ってから、無念でしたが徐々に量を
戻しましたが、離脱症状と副作用が混ざって
元には戻りませんでした。

それだけ、脳に作用する薬は、未知で、予測ができず
危険なのだと思います。処方した医師からの適切な説明と指導が
あれば、漸減し、様子を見ながら調整も可能でしょうが。
日本の精神医療の現状では、ほぼ期待できません。

>効果や離脱症状の出にくさを考慮して薬を選び、うまく使っていけばいいのでは?
簡単に患者が皆できることではないですよね。
完全に実験になると思います。気楽に試せる薬のジャンルでは
ないと。。

反跳性不眠は代表的な離脱症状のひとつですよね。
薬によって、眠りを思い出す(覚えさせる)というのは
今まで見たことがないので、わからないのですが。
睡眠導入剤で自然の睡眠ではないですが、何らかの効果があるのでしょうか?

反跳性不眠という離脱症状を抑えるため、再服薬で立て直し
再度、漸減しながら、自然に寝れるよう慣らしていくという意味
なのかなと、かあちゃんさんの言葉を捉えていますが(私の勝手な
推測です。。)

断薬後、不眠以外にも沢山離脱症状を抱えて、
食事、運動、生活改善などで、数ヵ月過ぎて
徐々に自然に眠れたという方も多いですよね。

かあちゃんさんも私も服薬期間が長いので、少しずつでも
減らしていきながら、自然の体に近づけるようになりたいですね。
徒歩出勤されているそうですし、お仕事されながら
朝ウォーキングは大変だと思いますが、それだけ努力されている
分、回復するのも早いと思います。
私も見習って、今以上に散歩したいと思います。
就寝前のデパスを減らして3日目です。
睡眠時間が減り、体も痛いですが、離脱症状緩和になりそうなことを
やりつつ、真夏になる前の今は過ごしやすいので、
様子みながら漸減していきたいと思っています。


  • 2016-05-10│14:10 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
本当に治るのか?
離脱症状って治るのか?って不安になってきました。

良くなってきている実感がないですね。
毎日ウォーキングと日光浴してますが、夢の中なのか現実なのかわかんないような状況です。

もう少しでデパス服用しなくなってから10カ月になります。

再服用はチョット怖いので耐えるしかないのでしょうが、、

それにしてもキツイ。1月から急にきつくなって、それが、平行線って感じです。

自殺か耐えるかの二択状態です。は、大袈裟かも知れませんが、この
転落人生キツすぎる。

日常生活をまともに暮らせるようになって欲しいです。
  • 2016-05-10│15:36 |
  • まっこ URL│
  • [edit]
まっこさん
>離脱症状って治るのか?
現在、離脱症状を抱えている方は誰もが思いますよね。
私がブログ等で見た、断薬された方々の
多くは、一定期間を超えていけば酷い状態から脱し
徐々に回復した印象が強いです。
急激な回復変化ではないかもしれませんが、
薄紙を剥がすように月単位で良化していくんだなぁと
感じました。

自分もそうですが、日々離脱症状の変化があり、
ここ数日、右手全体が激痛でしたが、
今日少しだけ楽な時間ありました。
一進一退を繰り返しながらも、回復していくと信じたいです。
減薬真っ最中なので、またつらい症状が出ると予想は
してますが、あまり一喜一憂しないようにはしてます。


昨年は 寝れない,食べれない(上下マーライオン状態)
動けない,激痛,恐怖,呼吸さえ普通にできない,耳に大音量が
響き渡る,が延々続き、苦しすぎて死んだ方がマシと思ってました。
そう思うほど、つらい方々が現実いると思います。
しかし、こんな小さい薬どもの拷問で、命を絶ちたくないです!
まっこさんもかあちゃんさんも私もですが、
特に家族、友人などのことを思えば。

今はつらいですが、乗り越えていけば、
いつかきっと、この事も無駄ではなかったと。
今後の人生で何か役に立つはずです。。
そうでも思わないとやってられません(T□T)


  • 2016-05-10│19:24 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
ぴぴさん・かあちゃんさん
かあちゃんさんのコメントは、私のコメに反応されてなのかな?と思ったのですが、もしそうでしたら、ぴぴさんにお返事させてしまってすみませんでした。

かあちゃんさん、私もぴぴさんが説明されていることと同じ考えですが、いくつか補足説明させていただきますね。

>半減期が長いと薬が重なる時間帯がありますが、毎日同じ時間に薬を飲んでいたら数日で一定量になりますよね。

私が言いたかったのは、半減期が短い薬より長いほうが脳に与える影響(ダメージ)が大きいということです。
これはカナダの高齢者対象の研究データですが、わかりやすいと思ったので、一部コピペしておきます。

「症例」は、ランダムに選ばれた、アルツハイマー病と初回診断される前に6年以上追跡されていた66歳以上のケベックの高齢居住者1796人である。「対照」は「症例」と性、年齢、調査期間などでマッチする居住者7184人である。ベンゾジアゼピン使用についてはアルツハイマー病初回診断の5年以上前に使用し始めた患者に限定した。これは逆の因果関係をできる限り避けるためである。
その結果、ベンゾジアゼピン使用はアルツハイマー病のリスク増加と関連しており、リスクが1.5倍になった(調整オッズ比1.51、95%信頼限界1.36-1.69)。この結果は、不安、うつ、不眠で調整しても変わらなかった。処方日数量が90以下、すなわち3か月以内相当の処方量では関連がみられなかった。関連の強さは処方量が多くなると増加した(処方日数量91-180でリスクが1.32倍、>180では1.84倍)。また、半減期で分類した短時間作用剤(20時間以下)ではリスクが1.43倍であるのに比し、長時間作用剤では1.70倍であった。
すなわち、3か月相当以上の総量のベンゾジアゼピンの使用はアルツハイマー病のリスクを増加させる。総量が増せば関係が強まり、また半減期の長い薬で関係が強かった。このことはベンゾジアゼピン連用がアルツハイマー病の原因となることを推定させる。高齢者へのベンゾジアゼピン使用についての適切な診療ガイドラインが必要であり、できるだけ短い半減期のものでの短期間使用にとどめるべきである。
(リンク先:http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=419

>反跳性不眠を治すには、この薬が唯一効果がありました。

反跳性不眠の原因を作ったのは、まさにその薬だったのではないでしょうか?私も長期に服用した眠剤を断薬して反跳性不眠に陥りましたが、眠剤をもう一度使うことを「治す」とは言わないです。普通に「再服薬」という表現でいいのではないでしょうか?私は自然に眠れるまで努力を続けることでしか、反跳性不眠は治せないと思います。

>薬は使いようではないですか?うまく使えば薬だけど、下手に使うと毒になる

これは逆ではないですか?反跳性不眠は毒(眠剤)を使った結果であり、自分の力で自然に眠る能力が著しく損なわれた結果であると思います。

>薬を飲まないに越したことはないですが、断薬までを視野に入れて効果や離脱症状の出にくさを考慮して薬を選び、うまく使っていけばいいのでは?

向精神薬は脳に強く作用する危険性のある薬剤なので、絶対に「そうですね」とは言えません。まったく同意できません。

昨日・今日と忙しく、頭も体も疲れいるので、雑な書き方で申し訳ありません。
私は誰にどう言われても、向精神薬に対する自分の考えを変えることはないので、これ以上議論するのは控えさせていただきますね。お話をするのなら、論議にならない話題にしたいですね。

  • 2016-05-11│00:07 |
  • H URL│
  • [edit]
No title
では、現に出ている症状はどうしますか?自然に眠る力が出れば薬を戻したりはしませんでしたが。

私はHさんの助言も同意も求めていませませんよ。
議論なんてする気もないです。

お好きなことを書かれればいいのでは?
  • 2016-05-11│00:14 |
  • かあちゃん URL│
  • [edit]
Hさん
薬害オンブズパースン会議の資料、参考になりました。
ただ、今年参加した薬害オンブズパースン会議の講演では
(資料とは別に)講師の方が、精神薬を服用続けた
認知症発祥の因果関係について、一概にそうだといえない
データーが後から出たという事をおっしゃっていました。
(詳細まではわからず)

少し別な問題ですが
最近、ニュースでも大々的に
BPSDと呼ばれる幻覚や妄想が認知症患者にある場合
向精神薬を投与するケースが多いそうですが、
今後認知症と診断された患者には、向精神薬を処方するのは
誤嚥、肺炎、心不全などの死亡率が高くなり危険なので
安易に処方しないこというガイドラインが
発表されましたよね。
精神薬により寝たきりになりやすい、転倒の問題などもあると思いますが。
  • 2016-05-11│12:42 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
かあちゃんさん
かあちゃんさん、体調大丈夫でしょうか?
平日で仕事期間でもあるし、心配です。
  • 2016-05-11│12:46 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
pipi(ぴぴ)より
ブログコメント欄を読んでおられる方
(特に精神薬を服用し離脱症状を抱えた)に向けて

ブログを始めた理由
カテゴリの'ご挨拶'の中にも記載していますが、
減薬により厳しい離脱症状に遭い、
様々なネットの情報などで初めて、精神薬の副作用、依存性を
知りました。そんな中、減断薬経験者の方々のブログ
、緩和情報が結果心の支え、救いとなりました。
薬の情報、精神医療の実態、危険性、
元の疾患になりづらいための情報もできる範囲ですが
調べて、ブログアップしています。何かひとつでもどなたかに
役立つことがあるのではないか、と。

ブログのコメント(交流含め)に関して
他の減断薬の方々の沢山のブログのコメント欄で
意見のぶつかり,食い違いなどが生じることを見てきました。
「つらい離脱症状を抱えている同士で口論のように
なるのは悲しい」と書いてありました。

荒らしなどの特殊を除き、私を含め離脱症状がある方は
誰もそういうことを望んではいないと思いますが。
疾患がない方でも、日常、社会生活でこのようなことは
ありますし、離脱症状で心身に不調をきたしていること
ブログというお互い表情がみてとれない中での
日本語は特に誤解を生じやすいこと。

そういう可能性も承知(覚悟)の上でブログを始めました。
情報に関しては、一応入念に下調べをしブログにあげています。
意見交換に関しても、コメントに対して
全て、そうですね。と言えば丸く収まるのかもしれませんが、
ブログの主体内容がかなりディープ(深刻)な種類なので、
コメント頂く方の考え方に全て、無責任に同感できる訳でもありません。
情報を元に、主観をあまり入れないよう、かなり考えてから
返信しています。それでも主観は入っていると思います。

私が、もし断薬を終え、ある程度回復している身であれば、
違う状態だと思いますが、離脱症状が消失しない状態で減薬中の
身なので、コメントについても全てを受け止め包んであげるような
器がなく。人間的にも未熟者ゆえ、不快な思いもされている
方がいらっしゃることと思いますので、大変申し訳ありません。
またブログをやっている責任とマイナス思考にならないように
意識している分、コメントが意に添えないこともでてくることを
どうぞお許しください。

ブログをあげている主要理由は
・離脱症状がある方が少しでも回復して欲しい
・薬害を受けて欲しくない

コメント欄について、今は特に、細かい指示をするつもりも
変えるつもりもありません。
臨機応変になりますが、変化がある場合にはお伝えする所存です。
  • 2016-05-11│16:55 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
No title
>効果や離脱症状の出にくさを考慮して薬を選び、うまく使っていけばいいのでは?

これは確かに軽く言いすぎですね。自分も含めて薬害と戦っているのに、無神経な言葉でした。ごめんなさい。

私が言いたいのは、あまりに苦しい症状が出ているなら、それを抑えるために薬を飲むのはありだ、ということです。(長く飲み続けるということではないですよ)

そして薬を飲むなら、症状が抑えられ、かつ、苦痛を最小限に抑えて止められるような薬を使用すべき、という当たり前のことです。
悲しいかな、日本では、自らで人体実験した患者自身が薬の専門家だったりしますが。

離脱症状も、酷い症状が出たら我慢もほどほどに。一旦薬を戻して飲んで、そこから立て直しをした方が結果的には早く薬からの離脱ができそうだ、と自分の体験から考えています。

なので私は、いまや薬の専門家になってしまった自分が選んだ薬を使って進んでます。

私の最大の離脱症状は「不眠」なので治療も比較的的を絞りやすいですが、いろいろな症状が混ざって出るのが普通ですよね。どの薬の離脱症状かわかるようならそれを戻すのも手なのではないですか。
どこまで戻すかは人によると思いますが。

長期間の我慢のし過ぎは症状を拗らせ、かえって薬からの離脱を遠ざける気がします。

早く断薬完了したい思いで一杯ですが、目標は健康な心身になることで、断薬ではない、と、焦りそうになるとそう呟いています。

私はあまり辛かったら薬を飲みます。

人それぞれなので、自分の方針で進めばいいんじゃないでしょうか。
  • 2016-05-11│21:09 |
  • かあちゃん URL│
  • [edit]
かあちゃんさん
返信頂きありがとうございます。
今回のご説明については納得しました。
それはありだと、私も思います。
自分も仕切り直しで増薬後、再減薬はしているので。

しかし、薬の選択は患者には難しく厳しいものが
ありますね。
こういった精神医療が改善して欲しい限りです。
  • 2016-05-11│23:00 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
131位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: