FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

デパス減薬ステイからパキシル減薬

160726_1340-01.jpg
ききょうです

デパス減薬

5月上旬から7月上旬の2カ月間、デパスを減薬していました。
減薬方法は スケール(精密計り)漸減 で
デパス(先発品) 0.5mg錠の公式重量は 0.112gなのですが、
錠剤をカットしスケールで計り、基本 0.001g/日 減らしていくというやり方です。
最初の1ヶ月強は、どうにか容認可能の離脱症状だったので
3/4錠(1錠の75%) 重量 0.084gまで減らすことができました。
その後の1ヶ月間は徐々に離脱症状が強くなったので
症状によっては数日間、量をステイしたり、容認不能であれば、
少量(0.001g)を戻して様子を見るなどし
2ヶ月後
7/10錠(1錠の70%) 重量 0.078g  デパス0.5mg → 0.35mg
になりました。

デパスで出現(悪化)した離脱症状
動悸、心臓痛み、息切れ、不整脈、早朝覚醒、食欲不振、吐き気、胃痛
体が重くこわばり動きづらい、頭痛、頭の締め付け、目眩、目と喉の渇き(起床時特に)
目の焦点が合いづらい、頻尿、体のあちこちの部分に痙攣、異常発汗⇔悪寒、
頭の回転が悪くなり脳が痺れたような灼熱感、現記憶の欠如、
フラッシュバック、酷いイライラ

決まって夜(デパス服用時間の2時間位前)になると、痺れが酷くなっていました。
その痺れの感触は、携帯(自分はガラケーです)を触った時に
顕著に現れるのですが、足が痺れた時のような感じと合わさって、
携帯のボタンを押すと指が心臓の鼓動のように響きます。
離脱症状でなければ、体験しないような症状だと思います。

デパスを連続減薬するのはきつかったため一旦ステイすることに決め、
異常発汗⇔悪寒、イライラがあったのと、デパスステイで少し離脱症状が
落ち着いたので、1週間後パキシルを減らしてみることにしました。

パキシル減薬

1年かけた減薬(10mgを2.5mgに) が失敗したのが昨年春
酷い離脱症状が数ヵ月続き、徐々に薬を戻すも完全に離脱症状が消えず
副作用と混ざる
15mgまで増え、再減薬開始したのが昨年9月

そこから、リボトリールとパキシルを間を置きながら
交互に減らしてきました。
パキシルは前回の最終減薬は4月末で 服用量 約10mg

リボトリール、デパス、パキシルの離脱症状で私が一番つらいのはパキシルです。
要因として一番考えられるのは パキシルの厄介な特異性 だと思います。
やはり、他薬を服用しながらのパキシルの減薬は
他の薬も同時に減らしていることになる作用か離脱症状がきついです。

2週間で9.2mgになりましたが、離脱症状が酷くなったので、
ここ数日はほんの少量戻して様子を見ています。

パキシル離脱症状
痺れ、異常発汗⇔悪寒、食欲不振、吐き気、胃痛(ボディブローのような重さ)
体中がこわばりひきつりで動きづらい、頭痛、頭の締め付け、目眩、
目と喉の渇き(起床時特に)頻尿、体のあちこちの部分に痙攣、耳鳴り、聴覚過敏、
インフルエンザ様症状、フラッシュバック、焦燥感 酷いイライラで攻撃性

一番つらいのは、体の痛みです。
体感としては、関節、骨、神経、内臓全てに痛みを感じます。
ここ数日は、左脇腹(肋骨、肋骨の間、奥) 左足腰(痺れ含む)
右首肩腕、両手指は曲げると痛く(足指も)動かしづらいです。
あえて動かしてます、リハビリのつもり。ブルブルふったりグーパーしたり。
昨年も同様の症状がありましたが、床に座るのも痛い、手をついて
起きるのも手が痛くてかなわん。 今も、PCのキーボードをうつのに肘下が
テーブルについてますが、痛い。タオルを敷いて直接触れないようにしてます。

依存、禁断症状が一番酷い違法薬物のヘロインの
禁断症状は、骨がバラバラに砕かれたように全身が痛くなる
肌をなでるようなそよ風でも、激痛が走ると表現されています。
漸減しているので、そこまで痛くはありませんが、異常な痛さです。
そのヘロインよりも離脱が困難であるとも言われているのが、向精神薬。

離脱症状は服用期間、種類、複数薬、体質によっても異なると思いますが、
私以上に苦しんでいる方々もいるのが現実です。
日常生活も送れず、苦しみと戦っている方が沢山います。
日本の精神医療の処方問題についても今まで書いてきましたが
病院の処方薬で、副作用、離脱症状などに苦しむ方が
減って欲しいと願っています。そして更なる改訂を望みます。

現在、数週間以上常用服用している方は、離脱症状が顕著に
現れないよう十分様子を診ながら、減薬する場合は緩やかにした方が
危険を回避できると思います。
医師の減薬指導は量が多すぎ、早すぎるケースが多いです。
医師は患者の人生の責任までとってくれません。
昔とは違い、今はネットでも沢山の同じ患者の声が聴ける時代です。

何故、麻薬指定されているような薬を安易に処方するのか、
治療なのに、元疾患にないもっと酷い違う病気(離脱症状)
を発症するような薬を処方するのか、
行政はこの危険性を真摯に受け止めて欲しいです。



関連記事
ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

トラックバック

コメント

No title
pipiさんおはようございます。
1歩1歩確実に前に進んでらっしゃるpipiさん。いつも見守り応援していますよ。
パキシル本当に厄介ですね。これだけの離脱症状を抱えながらの減薬作業…想像を絶するものだと思います。
なぜ、これらの薬が野放しになっているのか、本当に理解が出来ません。許せません。日本は対応が遅すぎて…もう誰も自分のように苦しんで欲しくない。
  • 2016-07-31│07:17 |
  • kobuchoro URL
  • [edit]
kobuさん
おはようございます。
中には、ベンゾを服用しながらパキシルを先に
スムーズに減断薬された方もいるようです。
私は長期服用なのと、併用しているデパスが離脱症状が
きつい、高力価のリボトリールということ。
減薬一回失敗して離脱症状が酷く
続いたことも今離脱症状が大きく出ている原因かもしれません。

精神薬の身体依存形成と離脱症状について
医療従事者の認識を高めていただき、
処方規制、処方する際の説明義務付け
(同意書を書かないと処方不可にして欲しい)
添付書を患者に渡すことを義務付けて欲しいです。
また、外来や初診での処方制限も。
これ以上、犠牲者を増やしてほしくないですね。
このような状態にした製薬会社、行政、医師の責任は非常に重いですね。
  • 2016-07-31│09:48 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
No title
パキシルを断薬されている方は、ほとんどが短期間服用ですね。
一度酷い離脱症状を出してしまうと立て直しが困難です。私は結局立て直しが出来ず、一気断薬となってしまいましたが本当に凄まじく、命の危険を感じました。離脱症状では死にません。離脱症状のあまりの苦痛に死を選びそうになるんですよね。
pipiさんもお薬が減りました。努力と忍耐の結晶です。日々試行錯誤…去年の酷い離脱症状がずっと頭の中にありますよね。パキシルの減薬に入られたという事で、慎重にステイも挟みながら進んでいって下さい。
pipiさんの減薬記録久々に拝見出来て嬉しく思います。気持ちはいつも傍に寄り添っています。


私のブログにもあげたのですが、昨日たまたま世界一受けたい授業で腰痛がやっていたんです。
腰痛に効く意外な新薬とは…!?とやっていてまさかと思ったら「抗鬱剤」でした。
医師が「痛みにより精神が不安定になります。抗鬱剤は気分を晴れやかにし筋弛緩作用もありますので…」と。
依存性、副作用、離脱症状の説明は一切なかったです。
これを見た腰痛に苦しんでいる方が病院に行き、抗鬱剤を試したいなどと言ったら…
恐らく、医師は簡単に処方するでしょう。もう、テレビを見て泣きそうになりました。
  • 2016-07-31│16:38 |
  • kobuchoro URL
  • [edit]
kobuさん
パキシル長期服用の方の減断薬成功も
読みました。成功されたのは本当に幸いです。
私もこんなにつらいなら死んでしまいたいと
思っていました。。
kobuさんが今後回復されていくことを心から願っています。
kobuさんもつらいのに暖かいお言葉かけて頂き
ありがとうございます。
皆さんと共に良くなっていきたいですね。

腰痛で抗うつ薬・・勘弁して欲しいですね。
説明なんてないでしょうし。
私も以前、整形で痛み止めで説明なくワイパックス
処方されて知らずに服用していたし。
テレビはスポンサーとの利益相反が強いので
なんでも鵜呑みにするのは危険ですね。
  • 2016-07-31│17:35 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]
たくさん症状が出ているんですね。
私も似た症状なので、お気持ち察します。
見た目にわかるものでもなく、まして離脱症状って何?という世間や、周りの人に理解されない孤独感がものすごいあります。
この症状を体験した人にしか、この辛さはわからないですよね。

私もこんな酷い症状が離脱症状がある薬を精神科や心療内科に関わらず、他の科でも処方し続けるのか。。
日本の医療体制にとても疑問を持っています。
  • 2016-08-02│15:14 |
  • さや URL│
  • [edit]
さやさん
そうですね、
家族でも完全に理解してもらうのは難しいので、
周囲にはもっと厳しいですよね。

説明なく色々な症状に処方するので、抗不安薬、抗うつ薬とも
知らされず服用している方も多いと思います。
  • 2016-08-02│20:55 |
  • pipi(ぴぴ) URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
131位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: