FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

再減薬1年間を通して

161008_1041-01.jpg

- 再減薬、1年間 -

日々、詳細な減薬日記をつけてきて、どういう症状だったのか
体感と共に試行錯誤しながら減薬してきました。

自分の体感は他の誰にも手にとるようにはわかりません。
精神薬を処方するのは医師ですが、
副作用も離脱症状もわかるのは自分です。

日本で、離脱症状に詳しく減断薬を指導できうる
医師はほんの一握りしか現在いないと思います。
増薬はしても減薬をしない、減薬をしても、急激に一剤やめさせる、
変薬をする医師もいます。

任せっきりは危険です。 自分を一番守れるのも自分です。
医師は、患者の人生まで責任はとれません。

離脱症状は経験したことがないような症状が出たり、
続く場合があります。
多岐多様の症状が出ることがありますが
医療機関では認識されていない現実があります。

抗不安薬(ベンゾジアゼピン、マイナートランキライザー)や抗うつ薬は
軽い薬です、安全です。 などと医師が言う場合がありますが
脳に作用する麻薬と作用機序はほぼ変わらないので
禁断症状が出てもおかしくありません。
医療として法律で認めているというだけです。

しかも、心療内科では外来で、質問票と問診だけで処方できます。
精神的に問題がなくても、不眠、痛み、めまい、耳鳴り等々でも
他の科で処方の可能性があります。詳細な説明なく。

薬を処方された場合は、ご自身でその薬の作用機序や
副作用などを調べ、服用または断薬後に体調に異常がないか
自分で観察することは大切だと思います。

特に脳に作用する薬は十分注意が必要なので、
減薬する際は、半減期、最高血中濃度、力価などを調べ
薬の量、種類によっては、減薬に数年かけた方が予後が良いです。
違法薬物はきっぱりやめるのが通常だと思いますが、
精神薬は違法薬物で一番強いとされるヘロインよりも
離脱が難しいとも言われていて、
精神薬の離脱症状は長期化するケースもあります。

複数服用している場合は、短時間作用で高力価の薬を先に
漸減した方が良いと思います。
減薬後、服用している量が少量になればなるほど
精神薬は離脱症状が出やすくなる傾向が強いので
少量になってからは更に減薬量を少なくして、期間も長くかけた
方が不調を回避しやすいです。
減薬量の目安は、最近はアシュトンマニュアルはペースが早すぎでは
ないか?一か月に一剤の5%以下が安全圏だと言われています。

私のように、数ヵ月日常生活が何もできないような
状態にならないで欲しいと思います。
個人差はありますが、予想できないことなので
慎重を期すに越したことはないです。






関連記事
ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

トラックバック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016-10-08│23:21 |
  • - │
  • [edit]
鍵コメ様
こんにちは。
いつもありがとうございます。

ご質問、答えは、やってませんでした。笑
読んで感動して、何かあったらまた見て元気をもらいます。
観戦も好きです。
おはようございます。
減薬する際の、半減期、最高血中濃度、力価とは、減薬と
それぞれどのような関係があるのでしょうか?

減薬の知識がない私は、そこをもっと教えていただきたいと思いました。

いつも大変貴重な情報提供、ありがとうございます。
  • 2016-10-10│08:12 |
  • 坊主おじさん URL
  • [edit]
坊主おじさま
こんにちは

ベンゾジアゼピン(抗不安薬、睡眠薬など)は
服用し始めてから、薬の血中濃度が上がり最高血中濃度になり
その後血中濃度が下がっていきます。

大体が最高血中濃度時間 1~3時間です。
(中にはもっと長い時間要する薬もありますが)
半減期というのは、薬の効果が約半分位になる時間です。
この半減期が短いと、最高血中濃度から急激に効果が下がるので
薬の効果が切れるのが早いということになります。

痛み止めや風邪薬の服用は1日2~3回ですが、強い痛みが持続していると
痛み止めが切れる時間になれば痛みがまたでてきます。
それと同じような原理ですが、痛み止めは痛みがなくなれば・
風邪薬は風邪の症状が緩和すれば、一般的に常用はしないと思いますが。
常用すると耐性がついてその量では効かなくなったり、
ベンゾは脳に直接作用する薬(麻薬)なので、常用し急激に減らす
、やめると元の症状にはなかった禁断(離脱)症状が
出ることがあります。

力価は薬の強さで
ベンゾジアゼピンにはジアゼパム換算というのがあり
ベンゾの様々な薬は、一般名ジアゼパム(商品名セルシン、ホリゾン)
から作られているのですが、そのジアゼパムと色々なベンゾ薬の
力価を比較している等価換算というものがあります。
この等価を書いている色々なサイトがあって
どこが一番良いのかわかりませんが、
私がいくつか見ている中のひとつは ↓
http://www.oct.zaq.ne.jp/afalx209/hataclinic/medicine/kouseibun.html

ジアゼパムが5mgに対して、数字が小さい薬ほど力価(強さ)が高く
数字が大きいほど、低い(弱い)です。
例えば私が服用している デパスはセルシン比較では 1.5mgなので
力価は高い方で、半減期は6時間で短いです。
半減期が短く高力価である薬が離脱症状が出やすい(感じやすい)
減断薬しづらい傾向にあると言われています。
こんばんは^^
なるほど!
すごくわかりやすい解説
ありがとうございました。

よくわかりました(^^)
  • 2016-10-10│18:02 |
  • 坊主おじさん URL
  • [edit]
ぴぴ 様
おはようございます。

時々プログを拝見させてもらっています。
私は、東京に在住してますが、ここ1週間くらい前から温度が5度くらい急激に下がり体調を崩している方が多いいです。ぴぴ様は北海道在住なので大変寒い地域なので大変だと思います。プログを拝見しましたが、超微量で、毎日少しずつ減薬されてるのですね。この方法初めてしりましたが、毎日の作業で大変と思いますが、超微量の減薬なので、離脱症状も出にくいし、仮に出ても離脱症状の影響をかなり抑えられるのではないかと思います。非常に良い方法だと思います。

私はレキソタン・デパスの減薬に二度失敗しているので、自分の体調をできるだけ良い状態にすることが、離脱症状の影響を最小限にすることになると考えていますのでその対策の一つとして、栄養療法を取り入れているクリニックがありますので、食事の仕方の改善や食事で足りない栄養素はサプリメントで補う指導をうけてます。まだ初めて四か月ですが長いスパンで続けて様子を見ていこうと考えています。減薬は、焦らずゆっくりが進めるのが良いと考えています。

季節の変わり目なので体調には注意してください。

  • 2016-10-12│09:24 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
青木さん
こんにちは

一昨年の春~1年間、1/10錠ずつ漸減しても失敗したので
もっと細かく減らす為、この方法を思いつきました。
タイトレーションだとパキシルは溶けないですし、
3剤服用しているのでカットの方が面倒ではないので。
少量になったらデパスとリボトリールはタイトレーションで
千分の一位まで漸減する予定です。

栄養療法の病院に私もかかっており1年3ヶ月経過しました。
数値はすごく改善してます。担当の栄養士の指導やお人柄
が素晴らしく、食事はかなりストイックに改善継続しています。

青木さんがスムーズに減断薬できることを心から
願っています。お互い長い道のりかもしれませんが、
いつかは精神薬常用から脱したいですね。

寒くなると自律神経の働きも悪くなりがちですが
なんとかこれからの季節乗り越えていきたいと思います。
ぴぴ 様
返信コメントありがとうございます。

私は、精神薬の服用期間は長く今年で16年になります。

最後に精神科で出された薬がエビリファイ、レキソタン、デパスでした。精神科の医者に減薬の話をしても理解してもらえず、たまたま長く掛かりつけの医者〈内科〉に話したら承諾していただき、4年かけて2年前にエビリファイ断薬しました。その後去年・今年とレキソタンの減薬に二度失敗して、現在離脱症状が落ち着くまでステイ〈5か月目になりますが)しています。失敗の原因は焦りもあり減薬スピードが速すぎたことです。

減薬・断薬は、飲んでいる薬の種類・量・服用期間・体調・環境等により人それぞれ違いますますから自分のあった方法を見つけていくほかないと思います。

いつかは、精神薬と無縁になる日まで、長期戦になるかもしれませんが、ぴぴ様も体調に気おつけてお互い頑張りましょう。

また、時々コメントさせていただくこともあるかと思いますがよろしくお願いします。




  • 2016-10-12│18:42 |
  • 青木 URL│
  • [edit]
青木さん
そうだったんですね。
とても大変だったのではないかと、、
ここまで頑張ってきただけでもすごいですね。。

長期複数薬から減薬されている方のブログ
を今でも時々読んでいます。
つらいのは自分だけではない、皆さん回復して欲しいと
改めて思います。
一筋縄ではいかないことが多々ありますが
その分、成長しているような気もします。
薬が減って元に戻るというより、この過程を経てまた違った
自分と共に歩いていきたいと思います。
ある程度回復するには時間が要するかもしれませんが
お互い焦らず頑張りましょう。

拙いブログですがまた是非来てください、お待ちしています。

コメントを残す

Secret


プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
131位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: