FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

離脱症状に苦しむ人々の声を厚生労働省に!




田中咲子さんが、
「ベンゾジアゼピン離脱症状に苦しむ人々の声を、厚生労働省へ届けたい!」

とプロジェクトを立ち上げたことを
以前ブログでも紹介させていただきました。

今回、支援プロジェクトである、クラウドファンディングの
締め切りが、残り3日となりましたので
改めて、ブログで呼びかけをしたいと思いました。

私も微力ではありますが、支援させていただきました。

北海道在住ということもありますが、直接厚生労働省に
今、出向くことは厳しいため、このような活動をされている
田中さんに少しでも協力できたらと思ったからです。

田中さんの感じておられること、私も同じ気持ちを持っています。
減薬しながら、離脱症状を抱えながらの活動は並み大抵ではないと思います。
その行動力と意志に、敬服しています。

田中さんの思い、、
ブログより一部抜粋させていただきました。

ベンゾジアゼピン離脱症状と戦い減薬する。皆さんに知ってほしい事。 




私は今回あえて「クラウドファンディング」と言う方法を
選らんだのかお話したいと思います。

クラウドファンディングのコンセプトですが、不特定多数の人が
通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを
行うことを指す事に注目しました。

きっと今回「ベンゾジアゼピン離脱症状」ってなんだ?と思う方も多いでしょう。
それもそのはずだと思っています。普段、具合が悪くて病院に行って
医師から処方される薬に疑問を持たない・・という方が大半だと思っています。

しかし、処方された薬を信用して服用し、さらに体調が悪くなった場合に
皆さんは、どうするでしょうか?
まずは、どうしてそうなったのか原因を調べると思います。
今は、昔とは違いインターネットの普及によって、
気軽に誰でも情報を得られると思います。

その薬が、依存症があり、止めるのに苦しい離脱症状があると分かったら、
不安になると思います。もし、相談先がなかったら・・・?

初めて「ベンゾジアゼピン離脱症状」に多くの方に
興味を持ってい頂くというのも私の目標でもありました。

アンケートの集計をしていますが、皆さん最初はちょっとした体調不良で
受診して、医師を信用し、処方された薬を服用して、
気が付いたら原因不明の体調不良になったと言う方です。
そして、思いもしない離脱症状を味わい、相談しても
医師には意見を拒否され途方もなく不安に生活しています。

私は当初、主治医を憎み、3月21日の責任のないと思われる
厚生労働省への発表に不満をもって、署名活動をし、
インターネットで様々な情報を集めました。

最近は、様々な当事者や立場の人の意見を聞いたり、
アンケートの結果を見て感じたのですが、「誰が悪い」と結論をつけて争うよりも、
ベンゾジアゼピン離脱症状で苦しんでいる人々の状態をどうしたら良いのか?
お互いにどのような方法を取れば今の状況が良い方に向かうのか?
と考えるようになりました。(・・と言っても、やはり元主治医には不満はありますが)

やはり、皆さん健康で社会復帰したいという当事者がとても多く感じます。
(働き盛りの方が離脱症状で苦しんでいると感じた)
私も含め、皆さんそうだと思いますが、健康に仕事ができて
生活が充実すると家族も自分も幸せになると思っています。
悲しいことに、ベンゾジアゼピン離脱症状が原因で亡くなった方も、
自分と同じ様な方を増やして欲しくないと思っているはずです。
ご遺族の方も少なくともそう思っているはずです。

厚生労働省へは、被害状況を漠然的に伝えるのではなく、
当事者として厚生労働省へどうして欲しいのか、
その時私たちはどう行動するべきなのか・・そんな事をお話してきたいと思っています。

ご理解、ご協力をお願いいたします。
※※※※※※※※
これまで、活動してきて様々な意見を頂きました。

それは、私の活動に否定的な事もありました。

もし、ここで私がへこたれるたら、
私の活動に賛同支援頂いた方々の想いは無駄になります。

私は、関東に住んでいません。だから、厚生労働省へは頻繁には行けません。
だから、今回の厚生労働省へ行くのは一回限りだと思って
全力で様々、多方面へ協力の声を掛けています。

あと少ししかありませんが、自分なりにできる事をしたいと思います。

ありがとうございます。



クラウドファンディングこちらです。



宜しくお願いします。

読んでいただけるだけでも、ありがたいです。






ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

トラックバック

コメント

No title
この離脱症状の一番つらいところは、やはりまだまだ多くに人に知られていない、というところですよね。
私はぴぴさんのブログをたびたび拝見していて、その症状がいかにすごいものか、それがどこまで大変なものか、あくまで記事で読み取れる範囲ではありますが、感じていました。
でも、こうして多くの人が活動を始めると、厚生労働省も一般の人も、ようやく(遅すぎるぐらいですが)本格的に注目するようになるのではないですかね。
とにかく、そういった事実が周知の物となるように祈るばかりです。もっとも、この国は、反省をいかすことをなかなかしないのが、また厄介なところですね…。
  • 2017-06-29│08:08 |
  • 八咫烏(負傷中) URL│
  • [edit]
八咫烏さん
こんにちは
ありがとうございます。
八咫烏さんの言う通り、
このような事実が周知の物となってほしいと願っています。
投薬医療中心の日本、それが危険なこととは
ほとんどの方は疑わないと思います。
この薬はどこの科でも誰にでも処方されてるので、
何も知らずに服用している方も多いです。
規制やガイドライン、注意喚起をもっと徹底してほしいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017-07-01│10:16 |
  • - │
  • [edit]
1日10:16の鍵コメ様
こんばんは

活動するのは並み大抵ではないと思います。。

ほとんどの医師は薬を提案すると思うので
親かお子さん自身が服用しないと主張しない限り、
投薬されてしまいますよね。。
悲しいかな、日本の精神医療の間違った常識
になっていますよね。。
精神薬は安全どころか危険ですし。
メジャーや覚醒剤に似た成分の薬もあるので
大人でも危険なのに、成長期の子どもに処方するなど
恐ろしいですね、、
私自身も酷い離脱症状にあうまで何も知らずに
服用してきましたし、同じように親御さんも精神薬に
関して何も知らないと思います。

だからこそ、国や医療機関は精神薬の正しい知識
を広く周知、注意喚起をしてほしい限りです。。

考えれば考えるほど、製薬会社(もっといえばその後ろ盾)
や医療はとんでもない歴史を作ってきたと
非常に憤りを感じます。


おひさしぶりです
ぴぴさん、素晴らしい活動に感謝しています。
勇気をもらって、頑張れます
こんなにも、勇敢に活動されていてすごいです
勇気ある活動、ありがとうございます

そして、いつかもっと多くの方に知っていただきたい

そう思います

色々とぴぴさんの頑張りに、勇気と生きる元気をいただいていました

私はぴぴさん本当に尊敬しています。私もぴぴさんみたいに少しずつ薬を減らしたいと思いました
でも、過去の離脱症状や今ある減薬後に起こったもう手遅れの副作用を体験しているだけに、
言い訳になるかもしれませんが、正直減薬に踏み切るのが怖いです

また後遺症で病気にさせられるのかもしれないとか、周りにも家族にも迷惑をかけてしまうのではないかとか、、、。弱いですよね

ぴぴさんの記事を読んだり、頑張って活動している私以外にもきっと沢山いらっししゃるかと思います。

ずさんな医療は精神科だけに限った事ではないと思うのです。

薬害にあわれた方『私も含む』みんなぴぴさん勇猛果敢な活動に、心を打たれて本当にすごいなって思いました。

お互いに頑張りましょう
クラウドファンディングを私も沢山の人に広めました

結果はどうであれ、少しずつ変わっていくと信じています

夜分遅くに失礼いたしました。


  • 2017-07-11│23:54 |
  • ちー☆ URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017-07-12│17:01 |
  • - │
  • [edit]
ちー☆さん
こんばんは
お久しぶりです

精神薬の危険性を多くの方に知ってもらいたいです。
どこの科でも処方される可能性があるので
知らないまま処方服用しているケースが多いですし、
やめようと思ったら、離脱症状が出る可能性も
ありますもんね。。
長期で日常生活さえできない状態が続くことも
あるので人生180度変わるし経済的にも大変なので。。

できることは限られていますが、この経験を忘れずに
これからも微力ながらなにかしていきたいと思います。

重篤な離脱症状が続くと、減薬など怖くて
できませんから、、マイペースでいくしかないですよね。
私もずっと怖いです。ちー☆さんは今前向きに色々な
ことに挑戦しようとされていること、とても素晴らしいなと
尊敬しています。減薬だけが人生の全てではないですし
少しでも笑顔になれることを大切にしていけたらいいですよね。

暑い季節なのでちー☆さんも体調に気をつけて
過ごしてくださいね!
12日17:01の鍵コメ様
こんにちは

減薬は今月もかなりスローペースのままです。
暑い日が続きますね💦

薬の移動も難しいですよね、、私も先月パキシルで
試みたのですがほんの少量しか動かせませんでした。。
ダイレクトに影響が出ますね。
難しいな、、と痛感しています。
本当に実験になってしまいますよね。

鍵コメ様もご家族のことや離脱症状のこと
、また季節的に暑いので、どうかお体
ご自愛くださいね。

コメントを残す

Secret


プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
131位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: