FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

減薬 離脱 飛行機(怖)

今出ている離脱症状 (デパス)

痛み - 頭、左首、肩、背中、左脇腹、右手指(痺れも有)、胃
痙攣  - 右目下~頬  左ふくらはぎ~足首
味覚異常、不安、マイナス思考、眠気、だるさ
目ものもらい(マイボーム腺炎)-数ヵ月前からよく出るように




パニック発作、過呼吸になった方は
乗り物が苦手な事が多いのではないかな、と思います。

私も高い場所  飛行機  遊園地の乗り物
車 バス 地下鉄 エレベーター も 苦手です・・
挙句の果ては、自分が運転するのも怖い時があります。

幼少期は、外で遊ぶのが大好きだったので、
幼稚園の屋根に登ったり(冬は滑って遊ぶ) 高ーい塀を歩いたり
階段を何段までジャンプできるか、
自転車は乗ったまま荷台に両足を立てるとか
日常茶飯事の危険なことばかりしていました。
そんな子どもだったので、乗り物酔いもしたことがありませんでした。

遊園地は得意だと思い込んでいたんですが、
小学校2年生位の頃、高低差がかなり出て回る遊具
(乗る人は立ったままの姿勢です)に乗ったところ、予想に反して恐怖が・・
気のせいかと思いましたが、中学生の頃にジェットコースター
乗って死にそうになり、遊園地の激しい遊具は無理だと悟りました。

飛行機は高校生や専門学校時代は怖いとは思って
いなかったのですが、その後暫く乗っていなくて
次乗ったのは既に薬を服用していた頃でした。

もう怖くて怖くて、毎度死にそうでした・・
薬を飲んでいても、怖いって薬の意味もわかりませんね。。

抗うつ薬や、抗不安薬は一時しのぎでしかない対処薬ですし、
効くのも最初だけなんだと思います。
一定期間(世界的なガイドラインでいえば2週間以内)
以上服用すると、依存を形成しているので、それ以上の期間は、
もう常用量離脱状態で薬の半減期を過ぎた時間帯は
プチ離脱症状が出ていると感じています。

それでも、飛行機に乗った時は、家族や友人と一緒が多かったので、
しがみつかせてもらい恐怖を乗り越えていました。
特に離陸が耐えられないので。

一人で乗ったのは4回位ですが、その時は
なんで、皆黙って平気で乗っていられるんだ・・と思う位、
ギャー!!と叫ぶのを必死に堪えてました。


離脱症状に遭ってからは、目眩、平衡感覚グラグラ、朦朧とすることが
かなりあったので、二度と飛行機など乗るものか、と思ってました。

ところが、どうしても夏以降乗らなくてはいけない事になり、、

どういう対処法があるのか、調べたりしましたが
全く役に立たず・・

結果、一便目は大変な目に遭いました。。

結構揺れたこともあって、完全にパニック状態でした。
必死に、呼吸法を繰り返しましたが、動悸、汗だく、寒気、意識は朦朧
2日で4回乗らなけばならなかったんですが、、
1回目でもう無理と思いました。。

そうはいっても乗らなければならないので。

2便目以降は座席を窓際に指定していたので、
窓の外を凝視して、景色だけに意識を集中しました。
雲の中を飛んでいる時は辛かったですが。
ただ、機体が傾いたり、旋回する時は外を見るのは
逆効果だったので、目をそむけてゆっくり呼吸法をしていました。

困ったのは、搭乗する直前に必ずトイレを済ませても
機内でトイレに行きたくなることでした。
一便目、揺れの中でトイレに行くのは飛行機が苦手な
人間にとっては結構つらかったです。
離脱症状発症から頻尿になったこと、水を飲まないと喉がカラカラに
なるので、水分補給が欠かせないことでトイレが近いんです。

2便目からは少しは飛行機、克服できたかな、と思います。
最後に乗った便は操縦士の方がかなり上手くて
着陸の衝撃もほぼなかったです。

修行の日々です。

これからも頑張ります・・


そんな空の旅でしたが、

素敵な空の風景を



image1 (16)






関連記事
ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

トラックバック

コメント

こんにちは。

離脱症状を抱えながら飛行機はかなり厳しいですよね。
車の運転は私も一時期不安な時がありました。しかし半分意地で運転していました。笑

ぴぴさんのブログのおかげで精密秤を知り薬の量が明確になり、酷く傾きかけた体調も整ってきました。
やはり目分量はダメですね。
北海道は寒くなってきてお辛いでしょうが、ゆっくりマイペースで頑張って下さい!
  • 2017-10-17│18:31 |
  • ラウラウ URL│
  • [edit]
お疲れ様でした。
離脱症状が出ている中、飛行機に乗るなんて
とても勇気がいること、かなりの覚悟が必要だったでしょう。
嫌だと逃げずに立ち向かう姿勢はとても素晴らしいものです。
お疲れ様でした。
私は何もなくても高いところが苦手なので飛行機は苦手です 笑
出張がある仕事をしていないため、修学旅行の時以来乗っていません。
いつか家族でディズニーランドに行くのが夢です。
妻は卒業旅行でハワイに行ったり一人で東京に何度も行ったり、修学旅行で沖縄にも行っていて私よりも飛行機に乗っています。
妻も得意ではなかった。
卒業旅行の時にはパニック発作をもう既に体験しているのにもかかわらず、ハワイに行き、その後何度も飛行機に乗れていました。
薬を飲んでから一切乗れなくなってしまいました。映画、美容室すら行けなくなった。
薬のせいで悪化しているなんて思いませんでした。
皮肉なものです。
治すために連れて行った病院に病気にさせられ、離脱症状というおまけまで付けられて。
減薬、ゆっくりゆっくり慎重に進めて下さいね。ぴぴ様は今はもう減薬中心の生活では無いですよね。生活の中の一部ですから楽しいことに目を向けて生活して行けることをお祈りしております。
  • 2017-10-17│18:40 |
  • ちい URL│
  • [edit]
ラウラウさん
ありがとうございます。

飛行機は正直勘弁してくれ、のレベルですね 苦笑
離脱症状あると、乗り物全般キツイですよね。

天秤役に立ってよかったです。体調が整ってきたことが
一番安心ですね。
北海道はめっきり寒くなってきたので、減薬は更に慎重に
と思っています。
ラウラウさんも風邪などひかないように
お過ごしくださいね。
ちい様
ありがとうございます。

5年ぶりに飛行機に乗りましたが、
酷い離脱症状にあってから、まさか飛行機に乗ることに
なるとは,です。1便目は、口から心臓が出そうでした。

ちい様も苦手なのですね。。
奥様は活動的だったんですね。
私も振り返って、薬を飲んできた期間の方が
飛行機が怖かったと気づきました。
不安を取り除く薬なのに、一体どういう事と思いますね。。

ちい様がおっしゃるように、治すために行った病院で
病気にさせられて、離脱症状も。正にそうですよね。
常用して服用すると効果ではなく、むしろ副作用、
常用量離脱の方が大きいのだと思います。
早く日本も他の先進国レベルに合わせて、きちんとした
ガイドラインを設けてほしいです。離脱症状を認めることも
同様に。

減薬中心の生活ではなくなりましたが
離脱症状がない日というのは、残念ながらないので
日々の症状はとにかくメモしています。
ずっと要観察状態で、動ける範囲で我慢しつつ減らすしか
ない感じが続いてます。

奥様が少しでも緩和されますように
いつも願っております。ちい様もお仕事されながら
ご家族を支えていくのは本当に大変だと思います。
どうかお体に気をつけて。
少しずつでも回復される日が必ず来ると思います。
お互い希望を捨てずに乗り越えていきましょう。
ぴぴさんはパニック障害というか、不安神経症みたいな感じだったんですね。
前にそういう感じで書いてはいました。

ぴぴさんはパキシルだからか?痛みみたいですね。自分は耳鳴りや震えとか振動系です。
足が硬くなったり重くなったりします。頭も回りずらく会話のしずらさもあります。
明日から職場体験があり、4時間労働なんで心配になります。
ぴぴさんは飛行機に乗る仕事みたいで、不安神経症みたいなものがありながら飛行機に乗る仕事とは、不思議ですねー。
離脱って、交感神経が高いというのはストレスを体にすごく食らっていると解釈したら、間違いですかね~。ストレスを食らっているだけと思うと気持ちが楽になります。
2年4か月ぶりに仕事らしいことをします。

よく寝た日は離脱は普通ですが、寝不足だと離脱が強くでやすいです。

ぴぴさんは8月からもう2ヶ月間は仕事されていて、すごいです。

ぴぴさんは仕事していて離脱症状はさほど、支障がないですか?
  • 2017-10-19│19:47 |
  • かいと URL│
  • [edit]
かいとさん
不安神経症っていう病名があるんですね。
精神科医は今後もどこまで病名を増やすんでしょうね。。
その境界線は??って思いますね。
相変わらず、痛いですねーパキシルの離脱症状。
人によって症状は異なるかと思いますが。
今日の職場体験大丈夫でしたか?
とても疲れたのではないですか?私も仕事の日はヘトヘトです。
飛行機は仕事と無関係なんです、誤解させてしまい
申し訳ありません。
離脱症状は強烈なストレスを体に受けてる感じですよね。
仕事はフルタイムや毎日ではないので、
仕事期間以外に減薬をしてます。
離脱症状はなくなっていないので、抱えながら仕事してます。
2年も仕事していなかったので体力も相当落ちていて
それもあって、仕事中はすぐ疲れます。
来月から仕事量が増えるのと外勤で北海道は
冬は過酷なので、どうなることかと不安で一杯です。
なんとか頑張ります。
数ヵ月前にコメントを書いたものです。
精神薬の離脱症状に耐えられず、ぴぴさんのブログで精密天秤での減薬を知り、今は順調に減らせています。
トレドミンですが、半量の壁を乗り越え、今は半量以下になりました。

こんな私ですが、先月に無事自身の結婚式を挙げることができ、今月は新婚旅行でディズニーに行ってきました!
今は風邪をこじらせてしまってダウン中ですが。

飛行機はかなり勇気がいりますね。私は電車の中でパニック発作を起こしたことがあるので、飛行機はまだまだレベルが高いです(>_<)
mikoさん
こんばんは

順調に減薬できていて本当によかったです!
そしてご結婚おめでとうございます♪

風邪、早く治るといいですね。お大事にされてください。
飛行機はレベル高いですね💦次乗るのがやはり怖いです。

服薬量半分切ったのですね。服用量が少なくなってきてからの
減薬は、もしかしたら離脱症状がきつく出る場合も
あるかもしれないので、十分体調観察して慎重に
減薬された方がいいいかもしれません。
今後も順調に進むことを願っています!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017-10-26│09:46 |
  • - │
  • [edit]
No title
過呼吸は、呼吸調整(紙袋)で克服できます。
呼吸のし過ぎで炭酸ガス濃度が下がりすぎ、血液のアルカリ度が進む、アルカローシスですから、
炭酸ガスを再吸収する、密閉しない、紙袋の呼吸で改善します。

ではまた
  • 2017-10-26│11:58 |
  • - URL│
  • [edit]
名前を書かれていない方
過呼吸の対処法で呼吸調整(紙袋)がありますが
(ありましたが)現在は推奨されないことが多く
なっているようです。理由は低酸素で死亡する危険性が
あることと、吐き出した二酸化炭素により
体調悪化の恐れもあるからだそうです。

実際、私の場合ですが昔、過換気症状が出た時
紙袋を使用して呼吸をしたことが何度も
ありますが、発作が改善したことは一度もありません。
呼吸法の方が紙袋を使うよりも楽になりました。
26日9:46の鍵コメ様
鍵コメ様が書かれた
このコメントが記事が違うコメント欄の方と
内容が同じで重複していますので

「送れたか確認できず、再コメ」

と、鍵コメ様が書かれた方の記事のコメント欄の方に
コメントを返信しました。
No title
ついに再発しました。
病院に戻らねば・・・
  • 2018-04-16│22:21 |
  • fuzi2116 URL│
  • [edit]
fuziさん
大丈夫ですか?? 💦
再発、、って離脱症状ではなく
元の疾患ということですか?

コメントを残す

Secret


プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
608位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
100位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: