FC2ブログ

* *  こころと からだに 大切なこと  * *

♪ こころの元気は 体から ♪      ♪ からだの元気は 毎日の食から ♪

安心食材お届け生活クラブ
新鮮.安全に定評の無添加.低農薬食材
野菜 肉 魚 卵 牛乳 調味料 加工食品
  
   クリクラ
  体に欠かせない水分 ミネラルウォータ
  冷温水.災害備水にも.配送入会解約無料

うつ診断方法の問題

病気やケガになった際、病院で必ず検査をすると思います。
検温、聴診、採血、検尿、血圧測定、レントゲン、CT、MRI
、大きな病気を疑われた場合は更に精密検査に進みます。

精神疾患は、

1. 心療内科では、うつを診断する際、ICD-10(世界保健機構 WHO) や
DSM-IV (アメリカ精神医学会 APA)
の質問票に患者が記入し、医師との問診で判断されます。

2. HAM-D 心理検査(患者に問診し、医師と臨床心理士が判断)
も合わせて行っている病院もあると思います。

3. 既往歴 (甲状腺機能低下症、高低血糖症状、パーキンソン病、脳疾患等)→
うつと症状が類似している為の選別
薬剤性うつ病の可能性(ステロイド、抗がん剤、降圧剤、インターフェロン等の服用有無)

以上の問診のみで、薬を処方する事が、一番の問題だと思います。
精神疾患に使われる薬剤は、副作用、依存性が強い(→殆どの医師は説明しません)
物もあるからです。
初診で安易に処方、更に問診のみで数年以上処方続けるのは、
おかしいと感じます。

私の場合は問診 1 のみです。
過呼吸とたまの不眠でしたが、初診から4種類処方されました。
10年前だったからだと思いますが、その頃シェアが大きいパキシル、
更にメイラックス、デパス、リボトリールです。
昨年からは多剤処方に規制がかかったので、現在の初診ではここまで
多く出されないと思われます。
初診では漢方、もしくは力価のかなり弱い抗不安薬、気分安定剤を
単剤処方するなら、まだわかりますが。。

減薬の離脱(禁断)症状で、経験した事のない酷い状態になりました。
長年、依存性のある複数薬で中枢神経がおかしくなったと思います。
服用していなければ、こんな事になっていません。
薬害、医療問題
薬害情報機関
ベンゾケースジャパン

禁断症状に比べたら、過呼吸やたまの不眠なんて可愛いものです。
何故こんな危険な薬を、問診のみで処方するのか。
危険性も患者に伝えずに。

最近問診だけではない、診断補助方法も出てきました。

○ 光トポグラフィー検査 精度60~80%

頭部に装置を着け、近赤外線光で、脳前頭葉の血流を測定。
脳血流パターンから、正常、うつ、双極性障害、統合失調症の4つに分かれます。
痛みや苦痛なし。検査自体は30分位。
検査中に、例えば、あ のつく単語を思い浮かべて言い続ける。
という、脳が働いている状態にして血流を検査するそうです。
行っている医療機関は限られていますが、昨年から
保険適応しているところもあるそうです。

○ PEA(リン酸エタノールアミン)血液検査

精度90%前後
脳内にはリン酸アナンダミドという伝達物質があり、
分解して、アナンダミド(快楽、喜びという感情に関わる物質、
大麻などに含まれるカンナビノイドに似ており脳内麻薬ともいわれる)
と、PEAが同時に作られる。
アナンダミドが減少すると、うつ状態が引き起こされる。
PEAは血液を通じて末梢に流れる為、血液検査でPEA測定が可能である。
近年の研究では、PEA正常値 2.0~3.0μM
うつは1.5μM以下 躁は3.0μM以上、PTSDは高め、統合失調症は軽度低下。
SSRIはPEAを下げ、SNRIはPEAを上げる傾向が報告されていて、
PEAが高い場合SSRIを、PEAが低い場合はSNRIを選択する。
首都圏の一部では成人対象、自由診療で
行っている医療機関があるそうです。

100%の精度ありませんが、問診だけではなく、診断補助にも
今後広まっていくのかもしれません。
薬の開発もそうですが、副作用、依存性問題を払拭するような
改革を期待したいです。
現在の合成医薬品ではかなり無理があると思いますが。

精神医療にとどまらず、抗がん剤、ワクチン等にも多大な副作用問題がありますし、
高血圧、コレステロール、メタボ基準値ガイドラインもおかしいです。
製薬会社や厚生労働省(CMなども)によって、日本は薬づけの人が多く
昨今、問題になっています。
薬を売りさばき、問題が起きだしてから、何年もかかってやっと改善するという
お粗末さ。
全ての薬を否定するつもりはありません。
一時的に使用する事も功を奏すでしょうし。
疾患以上に多大な副作用の危険性がある薬を漫然と処方するのは
危険だと思います。


関連記事
ポチして頂けると 嬉しさのあまり小踊りします♪☆ヾ(*╹ ▽ ╹ *)ノ☆♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

【PR】自分で商品の申込み・購入をして収入ゲット!A8.netのセルフバック

コメント

pipiさん、こんばんは。


pipiさんは本当に良く薬について勉強されていますよね。すごい知識だと思います。
医療についての問題意識もちゃんと持っていてすごい!の一言です!pipiさんのブログは薬について無知な自分にすごく役立ちます。

ポチ☆
  • 2015-12-21│22:43 |
  • SAKURA FUBUKI URL
  • [edit]
Re: 薬
コメントありがとうございます。
いえいえ、10年も何も知らずに(;^ω^)
服用続けてました。
酷い離脱症状を経験して、初めて調べ、ビックリしたんです。
突然やめるのは危険なので、チビチビ減らしながら
自己治癒力を高めていきたいですが。
長い事薬に頼ってきたので、ゆっくりいきます。





  • 2015-12-21│22:57 |
  • pipi(ぴぴ) URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-12-22│15:06 |
  • - │
  • [edit]
Re:
ご訪問頂き、ありがとうございます。
私も最近、同じ症状です。
大変ですよね。。
お大事にして下さいね。
  • 2015-12-22│20:42 |
  • pipi(ぴぴ) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

pipi(ぴぴ)

Author:pipi(ぴぴ)
抗不安薬.抗うつ薬 再減薬中 北海道在住 女性
薬.医療.健康情報.日記綴ってます ブログリンクフリー
ポチ☆して頂けると励みになります
♪。₀✲₀。.☆( ╹◡╹)☆.。₀✲₀。♪
👇   👇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 減薬・断薬へ

不調緩和に食品サプリ

ダグラスラボラトリーズ
自然素材の高濃度・最高品質ドクターズサプリ


最新記事

お役立ち情報



楽天で探す
楽天市場






おトクな通販サイト!いろいろ安い!

フリーエリア

ご訪問者総数

アクセスランキング

FC2ランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
841位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
131位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: